台湾の結婚写真・アルバムが出来上がりました!

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

こんにちは、管理人のかどやんです。

先日、前撮りの写真が出来上がったとの連絡を受けて、取りに行ってきました!

因みに、前撮り費用の記事はこちら台湾でウェディングフォト!結婚写真の予算と準備編。

プロのカメラマンって本当にすごい・・・。

アルバムの中に写る私は、まるで別人のよう。

撮影が進むにつれて、だんだんと写真を撮られることにも慣れてきて、調子にのってしまった私の姿がそこにはありました。笑

楽しかったな~と思いつつも、がっつりポージングしてモデルになりきった自分を客観的に見るのは、だいぶ恥ずかしいですね。(^_^;)

日本で前撮りしていたら、こんな風にはまず仕上がらなかったはずなので、いい思い出ではあるんですけどね。

「台湾で結婚写真撮るとどんな感じに仕上がるの!?すんごい写真撮れちゃうの!?」

そんな疑問にお答えすべく(←誰も聞いてない?)、かどやんのウェディングフォトを一部ご紹介したいと思います。

一般人でも、台湾クオリティだとこのくらいにはなります。本当に、台湾の写真文化ってすごいです。

今回は、ひたすら結婚写真が並ぶので、その点だけご了承の上お進みください。

それでは、覚悟のできた方のみどうぞ~♪

スポンサーリンク

 大同大學にて

まずは、台湾の大同大學で撮影した写真です。

大同大學は、台湾ではポピュラーな結婚写真の撮影地のようで、至る所に花嫁さんがいました。笑

人気の場所だと、撮影が終わるのをたくさんの花嫁花婿が後ろでスタンバイして待っているので、かなりのプレッシャーです。

ここは、本当は入ってはダメな場所だったようで、誰もおらず静かに撮影ができました。日本庭園のような風景が気に入っています。

カメラマンさんの指導のもと、ポージング。こんな感じになるのね。しおらしく仕上がった一枚。

一人バージョン。この時、背中を蚊に刺されまくっていて、強烈な痒みに耐えながらのポージングです。

最初は恥ずかしかったはずなのに、だんだんと慣れてきたらこんな感じに。ノリノリの二人です。笑

 淡水莊園にて

続いては、淡水莊園で撮影♪

この場所は、ウェディングフォトを撮るための専用の場所です。敷地内にはいろんなセットがあり、カメラマンさんに要望を伝えながら、イメージにあった場所をチョイスしてもらいます。

使用料を払わなくていけない本格的な場所のため、メイク室がちゃんと準備されていました。そして、びっくりなのが、平日なのに30人近い花嫁さんが。

みんなどんなドレスをチョイスしているのかこっそり観察。

台湾の女性は、わりとセクシーな衣装を好んで着ているイメージ。

真っ黒でスリットの入った衣装を着ていたり、マーメイドラインのけっこうスケスケな感じの衣装だったり。

なんというか、「それ、結婚写真用のドレスですか?」と、ちょっと目を疑ってしまうくらいセクシーです。

これも、文化の違いですよね。日本だと絶対選べない一着。面白いなと感じました。

よくよく観察していると、カクテルドレスは最低でも2着は着るので、一着は可愛いのを、もう一着はセクシーなものを選んで着ている模様。

スタイルの良い台湾女子だから着こなせるのだろうな・・・。私はどんなに頑張ってもあのセクシーなドレスが似合う気がしない・・・。

さてさて、ここからは、私が選んだカクテルドレスの写真です。一着目は薄い青を選びました。

にっこりと写真に納まっておりますが、次の人達がまだかまだかと目の前で待っているので、次から次へと急いでポージングです。

旦那さんに重いよ~!!!と言われた一枚。カメラマンさんの納得のいく写真がなかなか撮れずに、けっこう長い間お姫様抱っこ状態でした。

海辺で撮った写真。海が大好きなので、嬉しくてテンションが上がりました。不意に旦那さんに担がれて、大爆笑する私。

好きな一枚。夕日の感じがいいのかな~。カメラマンさんの腕のおかげで、甘ーい写真に仕上がりました。

旦那さんの一番好きな写真。自分でいうのもなんですが、幸せそうです。笑

私の一番好きな写真。シンプルなんですけど、海で無邪気にはしゃいでるような雰囲気が好きです。実際は、「旦那:海入るよ~♪」「いやいや、ドレスで無理だよ!やだよ!」と言い合ってる所を、カメラマンさんが写真に納めて下さった一枚です。さすがプロ!笑

最初は、ウエディングフォト撮らなくてもいいんじゃない?と思っていたのですが、こうやってアルバムになったものを見ると、いい思い出ひとつ出来て良かったなと感じました。

歳を重ねて、おじいちゃんとおばあちゃんになった時に、あの時こんなだったね~とほのぼのと語れたらいいな~。

非日常を味わえた、楽しい出来事でした。

やっぱり台湾だなと思った準備編

ここからは少し裏話。

結婚写真を撮るにあたり、いろいろと打ち合わせをするのかなと思っていたんですよね。

日本だと、どこで撮るか、どういう雰囲気が好きか、メイクは髪型はどうするか・・・と打ち合わせが何度かあると思います。

けれども、台湾での打ち合わせは一回のみ。

それも、カメラマンさんのみがいて、雰囲気伝えて、イメージにあった場所をピックアップしてもらって終わり。

次はヘアメイクの打ち合わせだ!と楽しみに待っていたのに、これで終了的な雰囲気が漂い始めている・・・。

忘れられているのかと思って聞いてみると、「メイクさんは忙しいから今日は来ないよ~」とのこと。

ラインでグループ作るから、ドレスごとにヘアをどんな風にセットするか、イメージ写真をアップしといて~♪それで大丈夫だから。

心の声:いやいや、そちらは大丈夫でも、こっちは大丈夫じゃないんですけど・・・。このテキトーな感じ、さすがは台湾。(^_^;)

でも、メイクさんいないとどうしようもないので、諦めて家に帰りイメージ画像を集めてラインで送信。

当日、この写真の感じでいいんだよね~♪と、何の迷いもなくセットしていくメイクさん。

化粧がものすごく濃くなり、いやいや、濃すぎるんですけど・・・と言ってみたら、「あなたの顔地味だから、このぐらいしないと写真映えしないよ!私を信じて!」と強気なメイクさんに圧倒される私。

結果的に、メイクさんの言うとおりでした。

ヘアも、私のイメージ通りに仕上げてくれて、さすがはプロだなと感心。

打ち合わせはテキトーだったけれど、みんないい人達で楽しかったですし、とても満足のいくアルバムが出来たので、終わり良ければ全て良しですね♪

台湾での前撮りは、日本円でだいたい10万~15万くらいが相場で、本格的なアルバムに仕上がるので、一生の記念に台湾でウェディングフォトを撮るのもいいのではないかな~と思ったのでした。

ひとまずやること一つ終わって、一段落。結婚式にむけて、これから準備頑張ります♪

それではまた~。

台湾結婚式準備記事一覧

<この記事も一緒によく読まれています>

台湾でウェディングフォト!結婚写真の予算と準備編。

真面目な台湾人VSテキトーな台湾人

台湾人男性と付き合うとこうなる!文化の違いに度肝を抜かれた話

関連ユニット



台湾の結婚写真・アルバムが出来上がりました!
この記事をお届けした
いいなの先にの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

フォローは大歓迎♪

スポンサーリンク
おすすめ書籍

台湾旅行のマスト本!台湾のローカルグルメを楽しむなら観光雑誌よりこの一冊。

コメント

  1. chiichan より:

    ウエディングフォト素敵ー+゚。*(*´∀`*)*。゚+
    本当台湾のウエディングフォトクオリティ高いですねわあーやはりこういうの残したいですね✨

    • かどやん より:

      chiichanさん、ありがとうございます♡
      本当に、台湾のウェディングフォトはクオリティが高いです♪
      だいたいの希望は叶えてくれます。
      アルバム作るか悩んでましたが、撮影は非日常の経験でしたし、
      とても楽しかったです(*^_^*)
      いい思い出になりました♪

  2. たそ より:

    初めまして!私も現在オーストラリアでワーキングホリデーをしており、台湾人の彼と同棲しているので、台湾人男性の生態を理解するのにいつもかどやんさんのブログを参考にさせて頂いております。
    ウェディングフォトとっても素敵ですね!!クオリティの高さにビックリしました!それに、お二人の幸せな雰囲気が伝わってきてこちらまでハッピーになれそうです(o^^o)
    これからも更新楽しみにしてます!

    • かどやん より:

      たそさん、コメントありがとうございます。
      たそさんは現在ワーホリ中なのですね!
      そしてそして、台湾人彼がいらっしゃるとのこと(^^)
      シュチュエーションが一緒で、ワーホリしていた頃の事をふと思い出しました。

      台湾で生活していると、同じ人間なのに国が違うとこうも違うのかと、面白い発見がたくさんあります。
      ブログがお役に立てているようで良かったです。笑

      ウェディングフォト、台湾はクオリティが本当に高いと思います。
      カメラマンさん、メイクさん、ドレスを選んでくれたスタッフ・・・みんな本気です。笑
      恥ずかしいな~と思いつつ、いい思い出が出来ました♪

      ありがとうございます!これからも、台湾情報をいろいろと発信していきますね(^^)/

  3. おが より:

    初めまして!娘(大学生)の彼が台湾人でネットで情報を集めていて、参考にさせてもらってます。ぶしつけですいませんが、来月、娘が台湾の彼の家に行きます!お土産は家族1人1人に買って行ったほうが良いですか?そして料理などのお手伝いは日本みたいに自主的にやった方が良いですか?その他にアドバイスがあれば教えて下さい^_^

    • かどやん より:

      おがさん、初めまして。
      お嬢さまの彼が台湾人なのですね^ ^

      お土産ですが、家族一人一人に買わなくても大丈夫です。
      日本と同じように、家族に対して用意するので問題ないです。
      私の家族の場合は、羊羹や和菓子(あんこの入ったような)、シナモン味のものはあまり喜んでもらえず、チョコレートやクッキー、海老煎餅などは好評でした。
      参考までに。^ ^

      お手伝いは、日本と同じように自主的にした方が、印象はいいです。おそらく、手伝わなくていいよ!お客さんなんだから!と言われるとは思いますが…。
      彼のお母様も、手伝ってくれようとしているその気持ちが嬉しいのではないかなと思います。

      あとは、台湾人はおもてなしの精神がすごいので、お腹いっぱいでもあれこれとお菓子や果物を次々に出してくれます。
      お茶もそうですが、いらないとはっきり断るまで続きますので、もう食べられない時は、お腹いっぱいになったからありがとうと、はっきり伝えるようにお嬢さまにお伝えください。苦笑

      もういらない…というと、感じが悪いように聞こえますが、相手がお腹いっぱいになってくれた=よかった!という考えであり、日本のように察するということをしません。
      ですので、意思表示ははっきりとするようにした方がいいです。
      日本人は、断るのを申し訳ないと思うので、断れずに永遠に食べ続けてすごく太った…というのは、台湾あるあるだったりします。^^;

      楽しい台湾旅行となりますように。
      参考になれば幸いです。

      • おが より:

        こんにちは!お返事、有難うございます。良きアドバイス、助かりました。
        まだまだ若い2人なので、先はどうなる事がわかりませんが(彼の兵役後、就職が決まったら結婚するつもりらしいのですが‥)あたたかく見守って、応援したいと思います。
        また、よろしくお願いします^_^

        • かどやん より:

          おがさん

          とても素敵ですね^ ^
          お二人の未来、とても楽しみです。
          陰ながら私も応援していますね!