台湾に嫁いだ私がドン引きした台湾の食べ物4選を紹介しようと思う

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

こんにちは、管理人のかどやんです。

台湾には、おいしくて見た目も美しい食べ物がたくさんあります。

ガイドブックで必ず紹介されているものだと、

”小龍包、マンゴーかき氷、ルーローファン、牛肉麺・・・”とか、見てワクワクと楽しめて、台湾に行って早く食べたいなと思わせてくれる料理の数々です。

でも、その一方で、日本人からすると「えっ?」となるような見た目の食べ物があったりします。

私が台湾人の嫁となって知ったことは、ガイドブックに載っている、見るからに美味しそうな食べ物ばかりが台湾の食べ物ではないということ。

普段、台湾人が普通に食べている食べ物に、私はドン引きしまくっていたりするのです・・・。

でも、台湾人からすると、「これ、本当に美味しいのに、何が嫌なの??」という感じ。

いや、何がダメって、その見た目がね・・・ちょっとグロテスク過ぎるんですよ。(^_^;)

台湾に引っ越してきて、食生活でのカルチャーショックが、何気に一番大きかったです。

因みに、ガイドブックに必ず載っている小龍包ですが、台湾人って、実は小龍包をほとんど食べないんですよね。

これもびっくりな事実。

ということで、今回は、台湾人が普段食べているけれど、日本人からすると「え!?まじで?」とドン引きしてしまう超ローカルな食べ物をご紹介いたします。

食べるのにちょっと勇気がいりますが、台湾旅行の思い出に是非チャレンジしてみてくださいね♪

それではどうぞ~。

スポンサーリンク

 台湾人は大好きだけど、日本人にはハードルの高い食べ物

臭豆腐(チョウドウフ)

まずは「臭豆腐(チョウドウフ)」です。

名前に「臭」が付いてしまうくらい、臭いです。

こんな臭い食べ物、いったいどうやって作っているのかをググってみました。

豆腐を主に植物性の発酵液に漬けて風味を付けたもの。主にインドールなどによる糞便臭がある。

引用:wikipedia

発酵液につけたもの・・・。これは、確かに臭くなりそうですね。

ん? (・・?

”糞便臭がある”

いや、確かに、そんな感じの匂いしますけど、字で改めてみると強烈ですね。笑

この臭豆腐は、夜市などでよく見かけるので、知っている方は多いかもしれません。つんと鼻を突く匂いが漂ってきたら、それは臭豆腐が近くにあるサインです。

きっと、近くで豆腐を美味しそうに頬張っている人を見かけるはずです。

最初は、何この匂い?なんでこんな臭い物食べてるの!?と信じられなかったのですが、クセになる味なんです。

セットでついてくる甘酸っぱいキャベツとのコラボが、なんともいえない美味しさ。

最初の一口さえ乗り越えれば、匂いも気にならなくなる不思議です。

台湾旅行の思い出に是非挑戦してみてくださいね♪

鴨血(ヤーシエ)

続いて「鴨血(ヤーシエ)」です。

名前を見て、写真を見て、何か想像できると思いますが・・・。

アヒルの血を固めたものです。

麻辣火鍋(辛い鍋料理)には必ず入っていて、しかも、この鴨血は、スープを足してもらう時に、一緒にお代わりすることができるのです。

上の写真は、鴨血と臭豆腐のスープ。鴨血の下に臭豆腐が入っています。

両方キライな人にとっては、なんともいえない料理ですね・・・(^_^;)

よくよく考えると、すごいコラボ。

この鴨血、最初何か知らずに食べて美味しい!と思ったので、食べられます。

もしも先に、「これはアヒルの血だよ~♪」と聞かされていたら、口にすることはなかったかもしれません。

キュッキュッとした歯ごたえがたまらないんですよね~。

見た目からけっこうダメな方いるかもしれませんが・・・。辛いスープとの相性が抜群なのです。

この大きな血の塊りを見た私の妹は、貧血一発で治りそうと言ってました。確かに、そんな気がします。

あの食感はやみつきになるので、お試しあれ♪

豬血糕(ズーシエガオ)

台湾おでんの中で、ひときわ存在感を放っている黒い物体。

それこそが、「豬血糕(ズーシエガオ)」です。

こちらも、見た目と名前から何とな~くどういった食べ物か想像できてしまいますよね。

一応説明を加えると、もち米に豚の血を加えて固めたものです。

日本には絶対にない組み合わせの食べ物ですよね・・・。

私、鴨血は好きで食べられるのですが、豬血糕は食べられません。豚の血か・・・とちょっと引いてしまって、まだ手を付けられないのです。

彼の家族はこの豬血糕が大好きで、本当によく食べます。おかずであり、おやつとしても食べます。

おでんの具材でもあるため、コンビニのおでんコーナーに行くと必ず見かけます。

私はまだ食べる勇気がないのですが、台湾人が普段どんな食べ物を食べているのか興味がある方は、是非食べてみてくださいね♪

雞爪(ジージュウア)

最後はこちら。初めてみた時、絶句した食べ物「雞爪(ジージュウア)」です。

鶏の足の部分ですね。爪がリアル・・・(>_<)

日本では見る機会が滅多にないので、まさか冷凍庫からこれが出てくると思わないですよね。

彼の家族は大好物で、おやつや食後のデザート的な感覚でボリボリと食べます。

もちろん、家の冷凍庫には常備さており、食べるときはレンジでチン♪

美味しい美味しいと言いながら、彼の家族は食べているのですが、実際食べるところほとんどないんですよね。

骨と皮なので、食べている時にボリボリと音がします。

文化の違いなのはわかっているのですが、やっぱりまだ抵抗が・・・。

美味しいから食べてみてね!とブログに書ける日はいつになることやら。

少しずつ慣れていこうと思うのであります。

まとめ

同じアジアで日本から近い国といえども、食文化の違いはけっこうあるんですよね。

台湾人からすると、なんで日本人はあんなに臭い納豆を食べられるの!?という感じですし、生の鶏肉を刺身で食べることにもびっくりしていました。

臭豆腐に比べれば、納豆の臭さなんて比ではない気がするのですが・・・。慣れない匂いは臭く感じるということなのかなと思いました。

まだまだ、出会っていないびっくりするような食べ物があるんだろうな~。

これからの人生をかけて、ゆっくりと慣れていこうと思ったのでありました。

王道の台湾旅行に飽きた、もっとディープな台湾を味わいたいという方は、上記料理を是非試してみてくださいね!

きっと、台湾に来たーーー!!!と実感できるはずです。

ではまた~。

<この記事も一緒によく読まれています>

台湾2泊3日モデルプラン!穴場グルメ・台北観光満喫の女子旅!

台北でマンゴーかき氷を食べるならこのお店「冰讃」

台湾でおすすめのタピオカミルクティーは地元民で行列のこのお店!

関連ユニット



台湾に嫁いだ私がドン引きした台湾の食べ物4選を紹介しようと思う
この記事をお届けした
いいなの先にの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

フォローは大歓迎♪

スポンサーリンク
おすすめ書籍

台湾旅行のマスト本!台湾のローカルグルメを楽しむなら観光雑誌よりこの一冊。