台湾の大同電鍋の使い方。おすすめサイズはこれ!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

電鍋 台湾生活

こんにちは、管理人のかどやんです。

 

今回は、台湾では一家に一台あるといわれている「電鍋」をご紹介したいと思います。

 

台湾通の皆さまは、もうご存知のことと思いますが・・・。

 

どの大きさがいいですか?使ってみて実際どうですか?という質問をチラホラ頂くので、まとめて記事にしてみました。

 

待ちに待った電鍋が家に来た時のあの感動。今でも忘れません。(←大げさな)

 

実際、毎日使っていますし、もう、便利すぎてどう言葉でお伝えすべきか、それさえもわからなくなってしまうくらいすごくイイです!

 

電鍋ではどんなことができるのか。使ってみて感じたメリット、おすすめのサイズをご紹介したいと思います。

 

それではどうぞ〜♫

 

電鍋でできること

電鍋

機能としては、炊く・煮る・蒸すことがができます。基本、使い方はどの調理方法でも同じです。セットして、スイッチONして、放置。これで終わりです。

 

外鍋(本体そのもの)に水を入れ、その水の量によって調理時間の調節をします。付属の計量カップ半分の水の量で、15分から20分くらいです。

電鍋

外鍋に水を入れ終えたら、それぞれの調理方法に合わせて器具をセットをしていきます。

 

因みに、付属でついているのはこの子達。これをフル活用して調理していきます。(あっ、写真にはないですが、しゃもじもついています)

電鍋付属品

 

それでは、詳しくご紹介していきますね!

 

炊く

「炊く」といえば、ご飯ですね。電鍋はもともと台湾の炊飯器として売られていたものなので、電鍋でご飯を炊くというのは基本中の基本の使い方となります。

 

外鍋(本体そのもの)に、必要な量の水を入れます。炊いてみた感じ、3合までは計量カップ半分の水でちょうどでした。説明書にある目安は下記の通り。

電鍋説明書

 

内鍋にお米を入れて研ぎ、必要な量の水を入れます(炊飯器で炊くのと同じです)。それを外鍋の中に入れます。

 

(お米は30分ほど水につけておくと、よりふっくらと炊き上がります。時間があればぜひ。)

 

セットするとこんな感じになります。これに、外鍋の蓋をしてスイッチを入れるだけでOKです。

電鍋でお米を炊く

ご飯を炊くときは、スチームプレートと内鍋用の蓋をする必要はありません。間違ってセットしてしまう方がいるようなので、ご注意ください。

 

待つこと20分。美味しく炊きあがりました。

電鍋ご飯の炊き方

 

煮る

続いては「煮る」です。これも、鍋で煮るのと要領は同じで、内鍋に材料をセットしてスイッチONです。

 

今回は、魯肉を作ってみました。

 

豚バラブロックを適当な大きさに切り、表面を少し焼いておきます。あとは、お好みでゆで卵、大根(下ゆで済み)を準備。

 

具材を内鍋に入れて、魯包1パックと八角二つくらい(これはお好みです)、生姜、水とお酒、醤油、干し梅もしくは砂糖を投入。

 

外鍋には計量カップ1カップの水を入れます。そして、内鍋を外鍋にセットしてスイッチを入れます。

 

この写真で1回煮終わったところ。まだもう少し煮る必要があります。

魯肉

この時味見をして、足りない味を付け足して調整していきます。(砂糖の代わりに干し梅を入れる場合は、煮続けるとかなり甘くなるので、1回目で取り出すのがベター)

 

だいたい、外鍋に計量カップの水1カップ×3回〜4回くらい煮ると、味の染み込んだ美味しい魯肉が出来上がります。

 

もちろん、一回に入れる水の量を多くして回数を減らしても問題はありません。私は小まめに味のチェックをしたいので、分けています。

 

蒸す

最後に「蒸す」方法です。

 

蒸すというと、肉まんとか、茶碗蒸しのイメージかもしれませんが、野菜を蒸して温野菜を作ったり、電子レンジでチンする代わりに、電鍋で温めたりという使い方もできます。

 

蒸すときに使うのがスチームプレートです。

電鍋スチームプレート

こんな風に外鍋にセットして、水を入れます。(目安は、半カップで15分〜20分くらい。半カップの水で基本OKです。)

 

この上に、蒸したい・温めたいものを置いていきます。今回は、残っていた魯肉を温めます。こんな感じで、お皿に入れたままスチームプレートの上にセットします。そして、外蓋をしてスイッチON。

魯肉

 

他にも、かぼちゃのコロッケを作る下準備でカボチャを蒸してみたり。

電鍋蒸す

 

りんごジャムを作ってみたり。

電鍋ジャム

 

今までお鍋や電子レンジを使って作っていたことが、電鍋でもできます。

 

使って感じたメリット

日本で生活している時にはなかったものなので、無くてもなんとかなるんですけどね。

 

でもでも、やっぱりあると便利!!

 

何がそんなに便利かというと、ほったらかしでOK!なこと。

 

セットしたら放置。でも、噴きこぼれる心配もないし、煮物作ってたのにすっかり忘れてて焦げた!!なんて事がないのです。

 

それに、買い物に行く前に、野菜を適当にお皿に入れてセットしてスイッチを入れて行けば、帰ってきた頃には温野菜が出来上がっている。

 

コンロを使っていると、火をつけたまま外出ってできないですよね。

 

電子レンジも、チンしていけばいいのかもしれませんが、30分後に帰ってきたら冷めてますしね。

 

その点、電鍋であれば、そのまま保温も可能(機種によります)ですし、時間を無駄にすることなく、美味しく頂くことができます。

 

実は、年末実家に帰った時に手土産で持って帰りました。なんて便利なんだと大喜びの父。

 

台湾で購入して持って帰る場合は少し荷物になりますが、一台あるとかなり役に立つので、興味のある方はぜひ♫

 

オススメです。

 

ちなみに、日本でもネットで購入ができるようです。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/toj/

 

おすすめのサイズ

買う時に悩んだのがサイズ。二人だと、そこまで大きいサイズはいらないよな。でも、小さいと使いにくかったりするかな・・・と。

 

サイズは、6人用・10人用・11人用があります。

 

2人だし、6人用のサイズでいいんじゃない?と思っていたのですが、旦那さんのママは「買うなら絶対11人用!!」と大きいサイズを勧めてきます。

 

理由は、6人用だと肉まん一つしか入らないから。二人で一つずつ肉まん食べたいのに、一個ずつ蒸すのは確かに面倒だ・・・。

 

実際に旦那さんの妹夫婦が6人用を購入しており、その二人からも6人用はやめた方がいいと止められたので余計に迷う・・・。

 

どうしよう。

 

悩みに悩んで購入したのは、11人用。使ってみた結果、ママ達を信じて11人用を購入して大正解でした!

 

どのくらいのサイズのお皿が入るのかというと、7寸(約21センチ)の中皿を入れてちょうどです。(取り出す時に少しスペースがある方が取り出しやすいです)

電鍋 おすすめ サイズ

6人用だと、煮物を作る量も少なくなるし、きっとギリギリサイズのお皿を入れる事になるので、取り出しにくかったかなと思います。

 

11人用を使っていますが、もう少し大きいサイズがあってもいいのでは?と、今では思っているくらいです。

 

・肉まんなどをまとめて蒸したい(3つ一緒に蒸せます)

家族が2人以上

・煮物をよく作る

上記に当てはまる場合は、10人用もしくは11人用の大きいサイズを購入されることをオススメします。

 

“大は小を兼ねる”

 

本当にその通りですね。

 

まとめ

我が家では大活躍の電鍋。

 

これがないと正直料理作るの嫌だなと感じるくらいです。

 

こんなに便利なのに、なんで日本にはないんだろう・・・。本当に不思議です。

 

日本に帰った時におでんを作ってみましたが、具材を投入して蒸すだけでOK。

 

気にしなくていいっていうのが、地味に嬉しいですよね。他のことに集中できる。

 

何やら、電鍋の日本語版の料理本も出たらしいとの噂。

 

もっともっといろんな料理が作れるように研究したいと思います。

 

それでは。

 

おすすめ電鍋レシピはこちら