英語発音矯正にはこのアプリがおすすめ!あなたの発音は何点?

こんにちは。管理人のかどやんです。

私は、オーストラリアでのワーキングホリデーの経験があるのですが、その時に一番悩んだのが発音です。

語学習得を甘く考えていた私は、オーストラリアへ行って数ヶ月もすれば、ペラペラになると信じて疑いませんでした。

今考えると、何て浅はかな考えだったのかと、情けなくなります。(^^;

現実はそんな甘いものではなく、誰もが知っているような簡単な単語さえ通じず、涙した日もありました。笑

今でこそ笑い話ですけど、ぶっちゃけ当時はかなり病んでました。

スピーキングにおいては、通じなければ全く意味がないんです。

自分の発音が悪いせいで途切れる会話とか、ほんとに最悪です。(>_<)

会話で一番大切なことは、通じる発音を身に付けることだと、ワーホリ行ってやっと気づきました。

がしかし、発音矯正したくても、もちろん発音に関する本を持参しているわけもなく・・・。

ネットで発音のコツを紹介している動画を見ながら、発音の基礎を勉強し直しました。

帰国する頃には、聞き返されることもほとんどなく、会話ができるまでになってました。

ほんと、あんなに何かに必死になったのは、人生で初めてなくらい頑張りました。

その後、日本に帰ってきても英語の勉強を続けていたんですが、なんとも素晴らしいアプリがあることを知り、ダウンロードしてみたんですが、これがすごくいいんです!!

どの発音が苦手なのか一目瞭然です。

ワーホリ中に出会いたかった最強アプリなので、今回詳しく紹介してみたいと思います。

また、ワーホリ中に私の発音を劇的に改善してくれた動画も併せてご紹介しますので、参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク

英語発音練習するなら絶対おすすめ「発音博士」

そのアプリがこちらです。

発音博士

発音博士
開発元:KOTO CO., LTD.
無料
posted with アプリーチ

英語の発音を練習する上で大切なことは、”自分の声を聞いて、少しでも手本の音に近づけること”だと思います。

さらに、”自分の苦手とする音を知ること”も、発音を最速でマスターするには、とても大事なことだと今更感じています。

ここで、とりあえず自分の音を録音して聞けばいいのか!となると思いますが、いちいち録音のアプリ立ち上げて・・・ってなると正直めんどくさいです。

そして微妙に違うけど、何が違うのかわからない・・・。

誰も教えてくれないのでひたすら試行錯誤し続ける・・・。

でも結局、ネイティブ相手に使ってみるまでは、自分の発音が正しいのかはわかりません。

けれどこのアプリ、このめんどくさいことのすべてを解決してくれる、最強アプリなんです!

これはどういうことかと言いますと、

まずは、” beautiful ” という、誰でも知っている単語を発音してみます。

スタートボタンを押して、音声を録音します。そして、発音語に出てくるのが、上の画像です。

「あなたの発音」というのが、私が実際に発音したものを、発音記号で表してくれたものです。

これだと「 i が i: に l が U 」になっていますね。

このように、お手本の発音と比べて、どこが間違っているのかを的確に教えてくれます

また、点数横のスピーカーをクリックすれば、自分の音声を再生することができます。

英語の発音っていうと「 R や TH 」など、日本語にない音にフォーカスされがちですが、「i」の発音がちゃんとできてない人多いです。

私も人のこと言えませんが。(^^;

気を抜くと日本語の音で発音してしまいます。

まずは、自分の発音できない音を知ることが大切です。その上で、発音できない音を徹底的に矯正していくことが、キレイな発音を手に入れる近道だと思います。

このアプリを使えば、どの発音が実はできていなかったのかを、手っ取り早く知ることができますよ。

こちらが基本画面ですが、

まずは無料版で試してみてくださいね♪

アプリの紹介ついでに、ワーホリ中に私が参考にした動画もご紹介しようと思います。

どうすれば発音が上手になるのか、困り果てていたときに出会った動画です。

本当にわかりやすく解説してくれていて、「R」の発音とか、舌を巻かないって言われてびっくりしたんですけど、でもそのおかげですぐに「R」の発音できるようになりました。

今現在ワーホリ中で、キレイな発音になりたいのにどうすればいいのか分からず困っている人いると思うので、参考にしてみてくださいね♪

同じように発音に苦労した日本人から学ぶ方法

-shared-img-thumb-PAK69_penwomotunotedesu20140312_TP_V

たくさんの情報がある中で、ネイティブやバイリンガルが発音を教えている場合があると思います。

私は、発音だけはネイティブから学ぶことをオススメしません。

なぜかというと、私たちが日本語を学ぶように自然と英語を身につけているので、音の出し方をうまく説明できない場合があったりと、痒いところに手が届かないときがあります。

私たちが、日本語の音の出し方を正しく説明できないのと同じです。

ネイティブのフレーズを知りたい場合は、ネイティブから学ぶのが一番ですが、発音だけは別です。

同じように発音に悩んで悩んで、やっとキレイな発音を手に入れた日本人から習う方がいいです。

彼らは「私たちの何がダメなのか」を理解しています。

びっくりするぐらい、実にわかりやすく解説してくれます。

何も言わなくても、必要なものをさっと差し出してくれるイメージ。

私が出会った動画サイトがまさにそれでした。

多くのサイトが、口や舌の位置にこだわり、丁寧に口の中の絵を用意してくれて、解説してくれたりしています。

けれど、キレイな発音になるためには、口の動きだけではなく、呼吸の仕方から学ばなくてはいけません。

英語は腹式呼吸で話します。

ただ漠然と「腹式呼吸で話す」と言われても、今までやったこともないので、どの状態で正解なのかわからないと思います。

英語の発音が上手な人と、下手な人の違いは「音の幅」も関係しているこを知りました。

英語は、喉の下の方から音を出す、かなり低い音も出さなくていけません。

けれど、日本語にはこの音がないので、出すこともできない。訓練が必要な音です。

この音の幅が出せるようになると、ほんとにキレイな発音に変わります。

そして、私がワーホリ中に発音の仕方を勉強したのが、この下のサイトです。もともとは有料教材を販売されているようですが、有料教材並みの情報を、無料でYouTubeにアップしてくれています。

例えば、声の出し方のこの動画。ほんとにわかりやすいです。

そして、こちらは日本人の苦手な「R」の発音。

他のサイトでは、必ずといっていいほど舌を巻くと言われます。なのでこの動画を見た時、衝撃を受けました。

この「R」の発音の仕方を知ってから、スピーキングでスムーズに単語が言えるようになり、本当に嬉しっかったことを覚えています。

この他にもたくさん動画があるので、Yumi’s English Boot Camp」で検索してみてくださいね♪

リスニングは別で鍛える方が効果的

発音の練習をするのと同時に、リスニングは別で集中して鍛えると効果的です。

というのも、当時発音を必死で勉強して、ある程度通じる発音ができるようになっても、ネイティブとの会話ではたまに聞き手取れない音がありました。

昔よりは格段に聞き取れるようになってはいるけれど、あともう一歩という感じです。

なんというか、その聞き取れない音のところだけ、すごくぼやけているんです。

発音を鍛えれば自ずとリスニングも完璧にできると思っていたので、この時は少しショックを受けました。

そして、私よりも明らかにリスニングができているお友達に相談。

そしたら、日本語と英語とでは周波数が違うから、英語の周波数を聞き取れるように訓練しないと難しいかもね。とサラッと言われました。

知らなかった~。周波数が違うとか、誰も教えてくれなかったよ・・・(^_^;)

このお友達も昔はとてもリスニングが苦手だったらしく、どうにかして聞き取れるようになりたいと思っていろいろ調べていたところ、この事を知ったそうです。

そして、英語の周波数を聞き取れるようになるための教材、「リスニングパワー」を聞くようになってから、今まで聞き取りにくかった音が、日本語を聞いてるみたいに聞こえるようになったそうです。

まさか~。聞き取れない音を今から訓練して聞き取れるようになるわけない。

半信半疑だったのですが、発音できない音は練習すれば発音できるようになるのだから、聞き取れない音も練習すれば聞き取れるようになるのかも!!何より、このお友達は私が聞き取れない音を聞き取れるようになっている。

そう思い、お友達のを借りて練習を開始しました。

キーンとかヒューンとか、機械の故障かな?と思う音が入っているのですが、周波数を聞き取れるようになるために必要な音なのだそうです。

カタカナ英語とネイティブの英語の違いであったり、日本人が苦手な音の比較であったりと、この比較欲しかったやつ!というのがあり、さすが20年以上の実績を持つ方が作った商品だなと思いました。

私は発音の練習と同時にリスニングを練習するようになり、徐々にネイティブの会話が、スローモーションで聞こえてくるようになりました。(うまい表現ができなくて申し訳ないです・・・)

なんというか、今までは聞き取れない音はぼやけていたので、ものすごい早口で話しているように感じていたのですが、聞こえない音が聞こえるようになると、日本語を聞いているみたいにはっきりと聞こえるようになりました。

私は、ワーホリ中はずっとオーストラリア人のお宅にホームステイをしており、今でもたまにLINEを使って電話をするのですが、電話でもはっきりと聞き取れます。

面と向かって話すのは大丈夫でも、電話でのリスニングは苦手という方けっこう多いと思いますが、リスニングを鍛えれば、電話でも聞き取れるようになります。

この「リスニングパワー」は有料ですが、あまり時間をかけずに英語の音を聞き取れるようになりたい方にはかなりお勧めです。

ネイティブとの会話を成立させるためには、リスニングは必須ですし、聞き取れないと会話も弾みません。ネイティブとの会話を経験したことがある方は、あの聞き取れない、通じないの恐怖がわかるはずです。(^_^;)

無料で勉強しようと思えばできなくもないですが、リスニングに使う音声をかき集めてきてどうやって勉強するのか計画を立てて・・・とかなり時間をロスすることになります。

更に、それで効果が出るかもわからない。

そんな無駄になるかもしれない努力をするくらいならば、最初から専門家の言う事を聞いて、カリキュラムに沿って勉強する方が、絶対に効率的だと私は思います。

音の違いを聞き取れるようになると、自分で発音した音が間違っているかも自分で判断ができるようになったので、自分の発音に自信が持てるようになりましたよ。

時間を無駄にせずに効率的に発音とリスニングを鍛えたい!無料でなくてもいい!という方は、ぴったりなのではないかと思います。

人によってはぜんぜん効果なかった!!と言う方いますが、多分、勉強時間が足りないのではないかな・・・というのが私の感想です。

綺麗な発音ができるようになっている人は、1日何時間もひたすら口を動かして練習していますし、短期間で習得したければ、1日数分とかでは絶対に無理です。

有料の教材に抵抗があったり、時間がかかってもいいのでコツコツと自分で勉強したいという方にはお勧めしないので、こちらのホームページ「リスニングパワー」に書いてある勉強方法やサンプルの音声を聞いて、納得してから購入してくださいね。

勉強の仕方は人それぞれなので、合わない勉強方法で勉強しても楽しくないですからね~。

ただ、こういう商品紹介のページには、なんで自分の英語が上手にならないのかについてヒントが隠されている事があるので、興味のない方も購入するしないにかかわらず、一度読まれるといいかもしれません♪

まとめ

-shared-img-thumb-MS251_ahirushinbun_TP_V (1)

紹介した「発音博士」は、無料の範囲でも十分すぎるくらいの優秀アプリだと思います。

自分の声を聞くのはちょっと恥ずかしいですが、自分が思っていた音とはけっこう違っていたりして、たくさんの気づきがありますよ。

なので、あまり頑張り過ぎないようにしましょう。

80点以上でたらひとまず合格とか、どうしてもうまく発音できない単語は、その日に集中してやらずに気長に練習するようにすると、楽しく続けられます。

ネイティブに通じる発音を身に着けて、電話でも臆することなく話せるようになるところを目指して頑張りましょうね!

英語の勉強の参考になれば嬉しいです。

発音博士

発音博士
開発元:KOTO CO., LTD.
無料
posted with アプリーチ

 <この記事も一緒に読まれています>

hulu英語字幕を使って英語の勉強。使えるフレーズを覚えよう!

英語の文法嫌いにおすすめの最強アプリ!基礎から楽しく復習できる無料アプリココネの凄さ。

中国語や英語の文を音声に変換してmp3で保存できるサイトのご紹介。

映画の英語字幕をダウンロードしてテキスト保存しスマホで見る方法

スポンサーリンク

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

フォローは大歓迎♪

英語発音矯正にはこのアプリがおすすめ!あなたの発音は何点?
この記事がお役に立ちましたら
いいねをお願いします。

最新情報をゲットできます♪