13.子音+ㄣ(en)

こんにちは。かどやんです♪

今回は『子音+ㄣ(en)』の練習です。

この音も日本語の「えん」とは少し違う音なので難しいです。

人によって音の幅に開きがあるので、リスニングも慣れるまで苦労します。

この音は未だに少し苦手であったりします。というのも、“少し違う”というのが一番難しいです。

慣れると「ㄢ(an)」の方が簡単に感じる不思議。

それでは、さっそく練習してみましょう~♪

スポンサーリンク

ボポモフォㄣ(en)の練習【音声付】

この『ㄣ(en)』の最初の「え」の音は、英語の発音の「æ」の音です。

「え」の口で「あ」と発音する感じです。

そしてこの音は、音の幅が広いので、「あ」に聞こえたり「え」に聞こえたりと、発音する人によって音が違って聞こえるので注意が必要です。

口を横に開き上記方法で「え」と発音したあと、『ㄢ』と同様に、舌を上の歯の裏に強めにくっつけたまま『ん』と言います。

◆単独の音の確認はこちらから⇒ボポモフォ表

・ㄅㄣ(ben)

唇に力を入れて「べぇ」の口で「ばぁ」と発音して、口を横に開きながら、舌を前歯の裏にくっつけて「ん」

・ㄆㄣ(pen)

『ㄅㄣ(ben)』と同じ要領で発音。有気音なので息を吐きながら

「ぺぇ」の口で「ぱぁ」と発音して、舌を前歯の裏に持っていき「ん」

・ㄇㄣ(men)

『ㄅㄣ(ben)』と同じ要領で発音。

「めぇ」の口で「まぁ」と発音し、舌を前歯裏につけて「ん」

・ㄈㄣ(fen)

下唇を上前歯で軽く噛んで、「ふぇ」の舌の位置で「ふぁ」というイメージです。

英語の「fæ」を発音する要領です。

そして、舌を前歯の裏にくっつけて「ん」

・ㄋㄣ(nen)

舌先に力を入れて「ねぇ」の口で「なぁ」。そして舌を前歯裏にくっつけて「ん」

・ㄍㄣ(gen)

日本語の「げ」を発音するときの舌の位置で、「がぁ」と発音。

そして、舌を前歯裏にくっつけて「ん」

・ㄎㄣ(ken)

日本語「け」を発音するときの舌の位置で「かぁ」、そして舌を前歯裏に持っていき「ん」

息を吐きながら発音すること。

・ㄏㄣ(hen)

「へ」を発音するときの口で「はぁ」と発音し、前歯裏に舌をくっつけて「ん」

日本語の発音の「は」より、息を多めに吐きながら発音。

・ㄓㄣ(zhen)

舌を少し後ろに引き、舌先を上あごの中央あたりに軽くあてます。

その状態から「じぇ」そして舌を上前歯裏にくっつけて「ん」

※「じぇ」と「じゃ」の間くらいの音です。

・ㄔㄣ(chen)

『ㄓㄣ(zhen)』と同じように舌を準備。

そして息を吐きながら「ちぇ」といい、舌を上前歯裏にくっつけて「ん」

※「ちぇ」と「ちゃ」の間くらいの音です。

・ㄕㄣ(shen)

舌を少し後ろに引き、舌を巻きます。舌先はどこにも付けません。

「しぇ」と発音したあとに、舌を上前歯裏に持っていき「ん」

※「しぇ」と「しゃ」の間くらいの音です。

・ㄖㄣ(ren)

舌を少し後ろに引き、舌を軽く巻きます。

舌先は真上ではなく、少しだけ前歯よりです。舌は上に付きそうなギリギリのところに準備。

この状態で「れぇ」と発音し、舌を上前歯の裏にくっつけて「ん」。

※「れぇ」と「らぁ」の間くらいの音です。

・ㄗㄣ(zen)

「ぜぇ」の口よりもう少し横に開き、「ざぁ」と発音。そして舌を前歯の裏につけて「ん」

・ㄘㄣ(cen)

口を横に開き「つぇ」というときの口で「つぁ」と発音。有気音なので息を吐きながら。

そして、舌を前歯裏に当てて「ん」

・ㄙㄣ(sen)

口を横に開き「せぇ」と言うときの口で「さぁ」。そして舌を前歯の裏に押し当てて「ん」

まとめ

-shared-img-thumb-MARI75_aoihana20110508_TP_V

難しいです・・・(;´Д`)

私はこの音、『ㄢ(an)』より苦手かもしれません。

最初、日本語の「えん」で発音していたのですが、聞こえてくる音が「あん」に近いことに気づき、しかし「えん」でも「あん」でもない微妙な音・・・。

単独で発音されると『ㄢ(an)』なのか『ㄣ(en)』なのか正直わかりませんでした。

人によって、かなり発音に違いが出る音だと思います。

毎日練習すると、だいぶ慣れてきますよ~。

日々練習あるのみ!

ではまた(≧∇≦)/