ワーホリで語学学校へ行かなくてもやっていけるのか。語学学校へ行くメリットを考えてみる

こんにちは、管理人のかどやんです♪

現在、オーストラリアへ帰りたい病を発病中の私・・・

もう私にとってオーストラリアは、第2のふるさとです。

今年の後半にはホストファミリーに会いに行くつもりなんですが、今すぐにでも会いたい!!

オーストラリア ロス な私です。(o ̄∇ ̄o)

さてさて、そんな私のオーストラリアシック話はさておき、これからワーホリへ行くお友達からいろいろ相談を受けておりまして。

その中で、” 語学学校へ行くべきなのか ”という話しになったんです。

人それぞれですよね。

語学学校へ行かなくても十分楽しめる人もいると思いますが、やっぱり王道なのは、まずは数ヶ月語学学校へ通ってから仕事を探すっていうパターンでしょうか。

私もこの王道のパターンで行きました。王道には王道なりの理由がちゃんとあります。

今日は語学学校へ通った私が考える、語学学校へ行くメリットを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

その前に、語学学校へ行かなくてもいい人はどんな人かを考えてみる

-shared-img-thumb-N866_kokubantokabin_TP_V

語学学校へ行く必要のない人って確かにいます。

私がワーホリへ行ったときも、何人か学校へ通ってない人に出会いました。

その人たちには共通点があり、学校へ行くお金を払うのは、この人たちには無駄使いでしかないんだろうな~と感じました。

では、どんな共通点があったのか。

①英語上級者である

②海外旅行慣れをしている

③ものすごいコミュニケーション能力がある

④ハートが強い

こんな感じです。

英語話せるのであれば、そもそも学校行く必要がないです。

そして考えられないぐらい、彼らはコミュニケーション能力に長けていました。

こういう人たちはすでに何カ国も旅をしてるので、外国人相手に話すことに躊躇がありません。友達作りにも慣れています。

ただ、英語上級者の中には、1ヶ月だけ学校へ通う人が確かにいまいした。

彼らはどちらかというと、コミュニケーションに自信がない物静かなひとたち。バーに行っても自分から友達を作ったりするのが苦手で、手っ取り早く友達を作るために、語学学校に来ているという感じでした。

集団の中にいる方が、友達は作りやすいですからね。

上記の④つの条件に、残念ながら当てはまらない方は、語学学校へ1ヶ月でも通うことをおすすめします。

そうでないと、おそらくせっかくの楽しいワーホリライフが、苦しいものになってしまうかもしれません。

 語学学校へ行くメリットはなにか

-shared-img-thumb-PAK15_notepenhikkiyougu20140312_TP_V

語学学校へ行く目的はもちろん語学の上達だと思いますが、たかだか数ヶ月でペラペラにはなりません。

私はワーホリへ行く前に、行って英語漬けの日々を送ればすぐに英語は話せるようになると思っていました。

が、しかし、この浅はかな考えは、のちのち私を苦しめました。Σ(゚д゚lll)

ですので、もし、同じように考えていらっしゃる方がいたら、要注意です!!

あくまで、英語に慣れるために語学学校へ行くぐらいの気持ちでいましょう。その方が、なんで話せないんだろう地獄に陥らなくて済みます。

ここからは、語学上達以外で、学校へ行くメリットを上げてみます。

友達ができる

これは学校へ行くので当たり前なのですが、友達ができるということは、のちのちのワーホリを有意義なものにするのに、とっても大切です。

①いろいろな国のお友達ができる

クラスメートにはスイス人、イタリア人、韓国人、台湾人とほんとにいろんな国の人たちがいて、一緒に数ヶ月勉強するのでとっても仲良くなります。

学校を卒業して母国に帰ったとしても、会いに行ったり、日本に遊びに来てくれたりと交流が続きます。

そして、日本にはない風習や文化、考え方に触れ自分を大きく成長させてくれます。

②日本人の新しいお友達ができる

英語勉強しに行くのに、日本人のお友達なんて必要ないって考えの人いると思います。

ですが、ここで勘違いして欲しくないのは、日本人とつるむことを推奨しているわけではないということです。

日本人のなかにも、英語に対しての意識が高い人はいます。私のお友達の中にも、日本人同士でも英語オンリー主義の子がいました。

そして、そういう意識の高い人たちと友達になれば、日本語を話すこともありませんし、日本人だけで出かける事もありません。必ず外国人と一緒に出かけます。

また、日本人のコミュニティに参加することによって、仕事を紹介してくれたり、今から行こうと思う都市に先に行っていた場合に、現地の情報を得ることができます。

友達作りが下手な人でも、学校に行けば必ず友達はできます。

楽しく過ごすためにも、数人でいいので、仲の良い日本人のお友達がいるといいと思います。

学校が仕事の斡旋をしている

私が通っていた語学学校は、仕事の斡旋をしていました。

紹介料はとられたのですが、それでもジャパレス以外にもローカルな仕事を紹介してくれて、時給21ドルとかで働けました。

ジャパレスとかだと15ドルとかだったので、かなりオイシイです。

履歴書を持って自分で一軒一軒お店を回らなくてもいいんです。

ワーホリ行くならそれくらい頑張らないとっ!!って考えの方からすると甘えまくってるんですが、それでも、仕事がないよりは手っ取り早く見つけられる方がいいです。

私は学校に紹介してもらったところへ、卒業と同時に働きに行きました。

そして半年で約80万ほど貯まりました。

しかも” 週休3日で ”です。

月・火・木・金働いて水・土・日休みでした。

工場で働いていたので、体力勝負なところがあり疲れましたが、でもファームで出来高制で休みなしで働かされるよりぜんぜんマシでした。

仕事探しに不安があるかたは、語学学校を使って仕事を探すのもひとつの手だと思います。

まとめ

IMGP0365

いかがでしたか。

語学学校へ行くのを英語上達のためだけと考えているのはもったいないです。学校へ行くことで得られる付加価値は計り知れません。

英語がまったく話せない、自信がない方はやっぱり語学学校へ行って、手っ取り早く英語に慣れる方がいいと思います。

学校へ行けば会話に必要な英語はちゃんと教えてくれますし、ネイティブ以外の英語を聞く機会にもなり、いろんな国の訛りを聞き取ることができるようになります。

あと上達するかは自分次第なので、自習もしっかりとすることです。

語学上達以外にも、語学学校へ行くメリットはたくさんあるので、悩まれてる方は検討されてみるといいと思います。

これからワーホリを考えている方のお役に、少しでも立てればうれしく思います。

◆おすすめ記事

ワーホリのエージェントを決める上で大切なことはサポート内容の豊富さではないと思うわけ

オーストラリアワーキングホリデー経験者がホームステイをおすすめする理由

ワーキングホリデーで電子辞書は必要なのか。ワーホリ経験者が考えてみた

ワーキングホリデーで持って行かなくても良かったと感じた持ち物女子編