英語発音「TH」実はとっても簡単にマスターできる!TheyとThinkを例に発音のコツをご紹介

こんにちは。管理人のかどやんです。

今回は、私がオーストラリア留学中に悩まされ続けた『TH』の発音のコツをご紹介したいと思います。

この『TH』の発音、ほとんどの人が勘違いしています。

なぜかというと、ほぼすべての教材で、大げさな発音の仕方を教えているからです。

私も発音の本を見て、頑張って練習していたんですが、スピーキングでそんなめんどくさいことやってらんないよ~(o´Д`)=з

という状態でした。

実際、ネイティブの口みてても、本に書いてあるような舌の動きが見られなかったんです。

悩み出すとキリがないんですが、コツさえつかめば簡単にできますよ。

スポンサーリンク

日本人が間違いやすいTHの発音

-shared-img-thumb-DI_IMG_5697_TP_V

この発音、難しいですよね~。日本語発音で言うと100%通じない。((>ω<。))

例えば、「They」は「ゼイ」だと覚えている人が大半だと思います。

ほんとは「ゼイ」ではないのに、ずーと “They = ゼイ” だと覚えているために、 「ゼイ」にしか聞こえない。

「ゼイ」にしか聞こえなかったたら、「ゼイ」って発音しますよね?

間違っているのに、何が間違っているのかすらわからない。

私もこの発音は、相当苦労しました。

当時、ネットで調べて出てくる説明といえば、

“前歯の上と下の歯で舌を挟む”

だとか、

”舌で上の前歯を隠すぐらい前に出したあとにおもいっきり引く”

とかです。

舌の動きはわかっても、実際にやってみると、それで合ってるのかもわからない状態でした。

挙げ句の果てには、この音は「TH」だからとかスピーキングでも考えるようになって、余計に話すことに集中できなくなる始末です。

私は、ずっとホームステイをしていたので、ネイティブと話す時間がたくさんありました。

そして、ネイティブの口元をよく観察していたのですが、この『TH』の発音のときに、舌がほとんど出てないことを知ったんです。

前歯をすべて覆うほど舌を出してる人とか、一人もいませんでした。

で、舌の動きを説明してもらって、ようやく納得いく舌の動きにたどり着きました。

『TH』が最初につく、「They」と「Think」を例に挙げて説明していきます。

「They ゼイ」ではなく『デイ の口で ゼイ』と言う

ELL86_ganmimanbou20140408_TP_V

“デイ の口で ゼイ という”

これでだいぶ改善されると思います。数時間練習すれば、ネイティブにも問題なく通じるようになります。

まず、この『TH』の発音は、正確には舌を挟むというよりは、舌を押し付ける、もしくは舌で上前歯の先をなぞるような感じです。

文字で説明されると、わけが分かりませんね。(^^;

わかりやすく説明します。

この説明を日本語の発音に置き換えると、『で』を発音するときの口(舌の動き)になるんです。

ちょっと『で』と言ってもらえますか?

まさに、舌が、前歯の上と下の歯の間に押し付けられて、そして勢いよく後ろに離れますよね?

でもTheyは「デイ」ではなく、ちょうど「デイ」と「ゼイ」の中間くらいの音なんです。

なので、『デイ』の口で『ゼイ』と言うと、ちょうど中間くらいの「They」の音になります

この音が正解です。

では、なぜ『ゼイ』ではダメなのか。

『ぜ』と言ってもらえますか?舌が、下前歯の歯茎あたりに来ますよね?

舌の位置が違うので、まったく違う音が出ているということなんです。

ネイティブからすると 「お」 を 「こ」と発音されているようなものなので、理解してもらうことができないのです。

「Think シンク」ではなく『ティンク の口で シンク』と言う

さっきの方法と同じで、今度は”ティンク の口で シンク”と言います。

ネイティブに試したところ、「ティンク」は「ティンク」のままでも通じるとのことでした。

よーく耳を澄ましていると、「ティンク」って発音しているネイティブもいることに気づきました。

ですので、もし「ティンクの口でシンク」と言うのが難しいようであれば、「ティンク」でも問題ありません。

では、なぜ「シンク」ではダメなのか。

先ほどと同じで、“シ”の舌の位置は、下前歯の歯茎あたりに来ます。

これもやはり、違う音を出しているので、理解してもらえません。

この『TH』の発音を動画で見てみる

正しい発音は、同じように苦労してキレイな発音ができるようになった日本人に習うのが、一番です。

私は、この『TH』の発音を、ホームステイしていたところのオーストラリア人のホストママに教えてもらったんですが、ママもどう説明すべきか、とても悩んでました。

でも、これは当たり前です。ネイティブは、イチイチ舌の位置を勉強したりしません。

例えば、日本語の「え」の音のとき、舌はどんな動きするの?とか言われても、困りますよね。(^^;

このことがあってからは、ネイティブでもバイリンガルでもない、生粋の日本人でキレイな発音を手に入れた人のブログとかyoutubeとかを見まくりました。

そしたら、めちゃくちゃわかりやすく説明してくれている動画に出会いました。

これが、「TH」の発音について解説している動画です。

この方は、英語の発音を教えているYUMI先生。

もともとは、発音の有料教材【Yumiの脱カタカナ英語マニュアル】を販売されたり、英語の発音のセミナーをされている方です。

ただその一方で、たくさんの無料動画をyoutubeにアップしてくれています。

日本で、わかりにくく解説された発音の本を買うくらいなら、タダで見れるこのYUMI先生の動画を見た方がよっぽど上手になります。

私は、ひたすらこの無料の動画を見て勉強して、無料でこんなに素晴らしい内容なら有料の教材はどんなものかと興味が沸いてしまって、結局は購入してしまいました。

結果的に、自分がどう勉強していけばいいのかが明確になって、出せない音をどうやって練習すれば出せるようになるのかも解説してあって、大満足でした。

なにより、今まで通じなかった音が、通じるようになった喜び!これは、発音に悩みまくった人にしかわからない喜びだと思いますが、ほんとに嬉しかったです!

このページの「購入ページ」のあとに出てくるページの、「英語教材の紹介」というところを読むと、これだけでも自分の発音の何がダメなのかに気づけると思いますよ。

あと、私はこのYUMI先生の発音がすごく好きです。

たまに、ネイティブに通じているし、日本語訛りはないけど、なんか好きになれない発音の先生がいます。

自分の好きな発音じゃない人の声をずっと聞いてるのって、けっこう疲れます。

ましてやこの発音にはなりたくないな・・・と思いながら発音の勉強をすることになるわけなので・・・。

その点、YUMI先生の発音は聞きやすくて、キレイだなと思います。

『TH』以外にもたくさんあって、『R』の発音とか、目から鱗が落ちるくらいの衝撃でした。

『R』の動画もせっかくなのでご紹介しておきますね。

youtubeで「Yumi’s English Boot Camp」で検索すると、たくさん動画出てきますよ。

話すとなると、やっぱり発音の勉強は必要になってきます。

海外に行くと、日本人の発音がいかにダメなのかを思い知らされます。

発音に悩んでいる方は、YUMI先生の無料の動画をうまく有効活用してみてくださいね♪


◆おすすめ記事

ワーホリに持っていくべき英語のおすすめ参考書はこれ1冊。

英語文法嫌いにおすすめの最強アプリ!ココネをご存知ですか。

スポンサーリンク

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

フォローは大歓迎♪

英語発音「TH」実はとっても簡単にマスターできる!TheyとThinkを例に発音のコツをご紹介
この記事がお役に立ちましたら
いいねをお願いします。

最新情報をゲットできます♪