7.子音+ㄜ(e)

こんにちは。かどやんです♪

さて、今回は『子音+ㄜ(e)』です。

日本人は、この『ㄜ(e)』の発音苦手なんじゃないでしょうか。

音が曖昧でわかりづらい。『あいまい母音』って名前がついてるだけのことはあります。

という私は、もちろん苦手です・・・。

なんか、喉の奥から唸るように出すので、言いにくいです・・・m(>__<)m

喉痛いときとか、この音出すの苦痛だろうな・・・とか考えながら練習しています。笑

それでは、さっそく練習です!

スポンサーリンク

ボポモフォㄜ(e)の練習【音声付】

この音は、『え』の口で『お』という音です。“あ”のような“お”で、日本語にはない音です。

母音の確認はこちらからどうぞ⇒ボポモフォ表

※発音のポイント

低い『あ』に聞こえるので、日本語の『あ』を少し低く発音するくらいに思ってしまいます。

しかし、ネイティブからするとただの低い『ㄚ:a』にしか聞こえません。

もっと、『お』に近い音です。

なので、ここでは、『あ』ではなくすべて『お』で発音します。

ポイントは、口は横に開いた『え』の口で、『お』です。

(じぶんが思っているより、少し大きめに横に開いてください。)

例えば、ㄇㄜ:me は『も』を使い、『んもぉ』というイメージです。

自分には、『んもぉ』に聞こえますが、録音してみると、ものすごく低い『んまぁ』に聞こえます。

・ㄇㄜ(me)

鼻音です。なので、小さく『ん』を最初に入れて発音するとキレイです。

『え』の口で喉の奥から唸るように、『んもぉ』という感じです。

・ㄉㄜ(de)

『え』の口で喉の奥から声を出して、『どぉ』と発音する。

・ㄊㄜ(te)

『え』の口で喉の奥から声を出して、『とぉ』と発音。

有気音なので、息を強く吐きながら発音します。

・ㄋㄜ(ne)

鼻音です。小さく『ん』と最初に入れます。

『え』の口で喉の奥から、『んのぉ』と発音。

・ㄌㄜ(le)

『え』の口で喉の奥から声を出して、『ろぉ』と発音。

どちらかというと、日本語の『ら』より、英語の『L』の発音です。

舌の位置は、上の歯茎の付け根あたりにずっと付けておくイメージで発音。

日本語のように、勢いよく弾きません。

・ㄍㄜ(ge)

『え』の口で喉の奥から声を出して、『ごぉ』と発音。

・ㄎㄜ(ke)

『え』の口で喉の奥から声を出して、『こぉ』と発音。

有気音なので、息を強く吐きながら発音します。

・ㄏㄜ(he)

『え』の口で喉の奥から声を出して、『ほぉ』と発音。

・ㄓㄜ(zhe)

舌を少しだけ後ろに引きます。

そして、舌先を上あごの中央あたりに軽くあてます。

そして、『え』の口で、『じょぉ』と発音。

・ㄔㄜ(che)

口の準備はㄓㄜ(zhe)と同じです。

そして『え』の口で、『ちょぉ』と発音。

・ㄕㄜ(she)

舌を少しだけ後ろに引き、舌を軽く巻きます。この時、舌先はどこにも付けません。

そして、『え』の口をして、『しょぉ』と言います。

・ㄖㄜ(re)

舌を少し後ろに引き、舌を少し巻きます。

舌先を上あご真上より前歯よりに、そして舌先が付きそうで付かないギリギリの場所に準備します。

『え』の口をして、『るぉ』と言います。

音がかなり震えるので、濁音に聞こえると思います。

・ㄗㄜ(ze)

『え』の口よりもう少し横に広げて、喉の奥から『ぞぉ』と発音。

・ㄘㄜ(ce)

『え』の口よりもう少し横に広げて、喉から『つぉ』と発音。

息を思いっきり吐きます。

・ㄙㄜ(se)

『え』の口よりもう少し横に広げて、喉から『そぉ』と発音。

まとめ

-shared-img-thumb-ELL140924280026_TP_V

今回はかなりの曲者でしたー(o´Д`)=з

けれど、この音はたくさんあるので、必ず克服しなくてはなりません!

頑張ります。

IMG_5545

こちら、私の愛犬なんですが、なんと私の腕枕で上向いたまま爆睡の図。笑

まったく起きません。

ちょっと面白かったので、載せてみました。

ではまた(≧∇≦)/

スポンサーリンク

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

フォローは大歓迎♪

7.子音+ㄜ(e)
この記事がお役に立ちましたら
いいねをお願いします。

最新情報をゲットできます♪