もう慣れたけれど日本とは全く違う台湾人の家族との距離感

こんにちは、管理人のかどやんです。

台湾人彼と結婚することになり、改めて実感した”台湾人の家族との距離感”

今までにもびっくりすることはたくさんあり、その度に文化の違いなんだと乗り越えてきたのですが、台湾人の家族の一員になると覚悟した時に、改めて文化の違いについて考えるようになりました。

日本とはまったく違う家族との距離感を、私は本当に受け入れられるのだろうか・・・と不安になることも正直あります。

彼女と家族の一員とでは、立場がまったく違うわけなので、今までのようにはいかない部分もたくさんあるのだろうな・・・と考えてみたり。

けれども、私はやっぱりこの家族が大好きなので、これからの時間を彼らと一緒に過ごせることに感謝しようと思うことにしました。

「台湾人との結婚」を選んだことによって改めて考えることになった”台湾人の家族との距離”について、今感じる事を書いてみようと思います。

これから台湾人とお付き合いをしようとしている方の参考になれば嬉しく思います。

ではどうぞ~。

スポンサーリンク

家族と過ごす時間が最優先

毎週末家族訪問

p3160832

私は彼の実家に住んでいるので、四六時中一緒にいるわけなのですが、実家を出て二人で生活している夫婦はどのくらいの頻度で両親に会っているのかという素朴な疑問がありました。

何れ私達夫婦も彼の実家を離れて二人で生活をしたいと考えており、少し気になっていたのです。

ここで彼の妹夫婦の日常にスポットを当てて考えるようになり、改めてすごいな~と感心したのです。

彼の妹は去年結婚しており、今は実家を出て旦那さんと二人で住んでいます。

結婚する前は、彼女は実家に住んでおり、妹の彼(現旦那さん)が毎日彼女の実家に夜ご飯を食べに来ていました。

妹の旦那さんの実家は台南市にあり、台北で一人暮らしをしていたので、彼女の実家にお世話になるというのは台湾ではごくごく普通のことなのかもしれませんが、日本だとこの時点で「え!?」ですよね。苦笑

結婚したあともこの習慣は変わることがなく、妹と旦那さんは仕事が終わると実家に帰って来て、夜ご飯とデザートを食べて自分たちの家に帰っていきます。

そして、週末は金曜日の夜から夫婦揃って実家に泊まりに来て、日曜日の夜に自分達の家に帰っていきます。

旦那さんの実家(台南市)へは、3週間に一回くらいの割合で帰省。

自分の家の近くに住んでいるどちらかの両親には、かなりの頻度で会いに行き、遠方に住んでいる家族にもしょっちゅう会いに行っているという印象です。

彼の妹夫婦の場合、自分の家は寝に帰る場所的な位置づけでしょうか。

妹の旦那も不満とかあるわけではなく、それが普通みたいです。

日本だと、いくら奥さんの実家が自分の家に近くても、毎日夜ご飯一緒に食べたり、毎週末一緒に過ごしたり・・・とはならないですよね。

他の台湾人のお友達に聞くと、毎日ではないにしても、家が実家から近ければ、最低週一では会いに行くのが普通だと言っていました。

今まであまり深く考えたことなかったけど、改めて妹の旦那さん、す、すごい。と思ったのでした。

これから台湾人の彼女と付き合う男性諸君、彼女を大切にするという事は、彼女の家族も大切にするということです。

台湾人の彼とこれから付き合う予定の日本人女子も、彼の家族とは密な関係になると思っておいた方がいいでしょう。

台湾人の彼女・彼氏と二人でデートしたいと思っていても、ワイワイするのが大好きな台湾人は、友達やら家族を必ず呼んでいます。

「今日は彼と二人でデートだ♡」と思っていたら、彼の妹夫婦も一緒だったということがしばしば。笑

楽しいことは何でもシェアしたい台湾人。

二人の時間を楽しみたいときは、「今日は二人でデートしようね!」と予め要望を伝えるようにしておきましょう。

家でも家族とずぅーと一緒なので、外でデートの時くらい二人の時間を楽しめたらいいな、と思っていた時期が最初の頃はありました。

けれど、慣れる。笑

みんなでいることが当たり前の生活が続けば、それはそれでいっかと思うようになりました。

彼の家族はほんとにいい人ばかりなので、そんなに気を使うこともなく生活ができているというのが、本当にありがたい事だなと思う今日この頃です。

日本よりは、彼・彼女の家族との距離が近い台湾。

この文化の違いを受け入れる覚悟は必要だと思いました。

家族との予定は友達との約束よりも優先

p3160525

よっぽど大切な用事であれば、例え友達と約束していてもずらしてもらって家族との予定を優先することは日本でもあると思います。

ただ、この「よっぽど大切な用事」という部分で、私の感覚と台湾人の感覚にズレがあるというのが正直なところ。

例えば、今週末、すでにお友達と遊ぶ約束をしていたとします。

けれどもその日は、彼のパパの仲の良いお友達のおじさんの誕生日パーティーと重なってしまっていた場合、友達よりもおじさんの誕生日パーティーが優先されます。

いや、これが彼のパパ・ママの誕生日パーティーとかならわかる。

がしかし、彼パパが親しくしているお友達のイベントは、自分のお友達と遊ぶ約束よりも上という感覚。

そのおじさんの誕生日パーティーに、私必要でしょうか(?_?)

と思ってしまうのが正直なところ。苦笑

ただ、両親を大切にする台湾では、彼のパパのお友達は、例え自分はそんなに親しくなくても、大事にしなくてはいけません。

彼も、それなら仕方ないな・・・という感じ。

そして、遊ぶ約束をしていた台湾人のお友達にこのことを伝えると、やはり「それなら仕方ないね!」とあっさりと受け入れてもらえるのです。

普段から家族の付き合いを第一に考える台湾人らしいな、と思う出来事です。

日本でこの理由で断られると、「あれ?私とは本当は遊びたくなかったのかな・・・」と少なからず寂しい気持ちになってしまうのは私だけでしょうか。笑

友達と約束があっても、台湾人彼(旦那)や彼女(奥さん)の家族の予定が入ったら、そっちが優先される確率が高いと心積もりをしておきましょう。

とにかく何でもオープン・何でもシェア

自分の物は家族のもの

c789_mbaniokaretakeitai_tp_v-1

日本だと、例え仲のいい姉妹兄弟でも相手のケータイを勝手に使ったりしませんし、パソコンも一言断ってから使うのが普通だと思うのですが・・・

台湾人の場合、勝手に使います。笑

もしかしたら私の彼の家族が特別なのかな??と思って台湾人のお友達に聞いてみたら、彼のケータイは勝手にみるよ~と笑顔で言っていたのを聞いて、さすがは何事にもオープンな台湾人!!と感心しました。

ケータイ、パソコンに限らず、なんでも基本シェア。

いいんですけどね・・・日本人の私からすると、一言断って欲しいなというのが本音。苦笑

パソコンを開いていたらそのまま勝手に使われており、更にはそのまま閉じられそうになったときとか、保存してないファイルがあるのーーー!!!と心臓止まりそうになったことが何度かあります。(^_^;)

日本と同じようにプライバシーが確保されることはありませんので(たぶん)、寛容な気持ちで受け止めるか、先に日本の文化とは違うから抵抗があるとやんわりと伝えておくようにしましょう。

女子の秘密は筒抜け

0i9a360615032159naisyo2_tp_v

いや~、私が一番びっくりしたことはこれかもしれません。

ある日私が生理だったときのこと。割と生理痛がキツイ方で(男子の皆さん聞きたくない話だったらゴメンナサイ)、ぐったりしていたら、心配性な彼が「どうしたどうした?」と大騒ぎ。

なんかちょっと恥ずかしくて、言わなくていいなら”実は生理で”なんて彼にも言いたくない私。

けれどこの時ばかりは、ちょっと具合悪いんだと言えば、じゃあ病院行こう!と一大事となってしまいしぶしぶ状況説明。

そしたら、彼は彼の妹を呼び、「○○←(私の名前)があれだから、お腹温めるものとかない?」と相談。

そしたら妹は、妹の旦那に「○○←(私の名前)があれでお腹痛いらしいから、家帰って私の毛糸のパンツ取ってきて」となり・・・。

ハイ、筒抜けです。苦笑

私が今あれ中で、お腹痛いの家族みんなに筒抜け。

そして今度は、彼の家族と従妹達とごはん食べに行ったときの事。

無料で食べられるアイスがあったので、彼ママが私に勧めてくれると、彼がすかさず「○○←(私の名前)は今あれだから冷たい物食べたらダメなんだ~」と私に代わって彼ママに報告。

心の中では、「いやいや、あれ中でもアイス食べたいし!!!」と一人突っ込み。

従妹のお兄さんとか私の横に座って聞いてるし、マジではずかしい。

わざわざそんな事、みんなの前で言わないで~!!!!!と赤面する私。

なんというか、日本だと男子に聞かせるにはちょっと恥ずかしい話も、台湾人男性からすると恥ずかしくないらしいです。

彼女の体調管理に気を使うのも大切な事!と彼が言っていました。笑

体調を気遣ってくれるのは嬉しい事ですが、今だに恥ずかしくて、これだけは慣れません。

兄弟がすこぶる仲良し

pp_syashinwotoriau_tp_v

まぁ、家庭によって兄弟の仲良し具合は違うと思いますが、彼と彼の妹は、びっくりするくらい仲良しです。

ブラコンで、兄の彼女が嫌いとかだと話はややこしいですが、彼の妹はとても愛嬌があり、私ともとても仲良しです。

ただ、そんな仲良し兄弟のびっくりな光景に、かなりの衝撃を受けたのです。

ある日、彼と彼の妹が、私と彼の部屋で仲良くお話ししている様子。で、扉を開けたそこにいた二人は・・・・・。

彼が妹に膝枕されながら、耳掃除をしてもらっていたのです。

私は男兄弟いないのでこれが普通なのかわからないんですけど、私の中ではびっくりな光景でした。

私が部屋に入ってきても、動じる事もなくせっせと耳掃除。笑

終わったあとに一言、これからは○○←(私の名前)がしてあげてね♡とのこと。

いやいや、自分でしよう。独り立ちしよう!と心の中で一人ブツブツ。

彼曰く、一人でできるけれど、妹が耳掃除したいしたい!というのでさせてあげているとの事。優しいお兄ちゃんということにしておこう。そう思った出来事でした。

もし日本人の彼氏が、妹に耳掃除してもらっているところを見たら、衝撃がもっと強かったのかと思いますが、台湾人だとなんか微笑ましいなと許せる不思議。笑

また、妹は、兄(彼)によく頼みごとをします。彼女(私)いるとかお構いなし。笑

けれどその分、いろんな所で助けてくれるので、本当に助かっています。

家族の絆が強い台湾人ならではだな~とシミジミ感じたのでした。

独占欲が強い人には、少し耐えがたい事かもしれませんが、距離が近い分、困ったときに助け合えるのは、とても心強く良いことだなと思います。

まとめ

書きながら、日本に近い国といえども、文化の違いはかなりあるな~と感じました。

たぶん、この記事読んで、「うそっ」とドン引きされた方もいるはずです。笑

私の妹は、この話を聞いてかなりびっくりしていたので、受け入れるのが難しい人には、ちょっと難しい文化の違いかもしれません。

どうしても無理な事は、はっきりと伝えて理解してもらうことが大切だと思います。

そして、台湾人はとっても気を使うけれども自分のいやな事は我慢をしない人が多いので、はっきり意見を言われるし、自分の意見を言っても、ちゃんと話せば理解してくれます。

これからどんな文化の違いに遭遇するのかドキドキしつつ、楽しみながら過ごせたらいいな~と思う管理人です。

オーダーしていた婚約指輪と結婚指輪。ついにゲット♡

page1

今後のメンテナンスの事などを考えて、オーソドックスなメーカーのものを選びました。

因みに、このメーカーは日本のメーカーですが、台湾でも大人気だそうです。

そして、日本で買うよりかなり安い。

もし、同じように台湾人と結婚を考えていて指輪を選ぶなら、台湾で買った方がお得かもしれません。おばちゃん丸出しですいません。笑

お祝いごとなんだから、お金は気にしない!という方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、国際結婚は何かとお金がかかるので、一緒のものを買うなら安い方がいいな~と思うアラサー貧乏性の私。

(^_^;)

さて、文化の壁を乗り越えた次に私が乗り越えるべきは、「言葉の壁」

絶対に乗り越えてみせるさ!とこの指輪を見て誓ったのでした。

<この記事も一緒によく読まれています>

台湾人の男性・女性と知り合う方法。みんなどうやって出会うのか?

台湾人の彼はロマンチックで束縛する?交際して驚いた出来事。

台湾人男性と付き合うとこうなる!文化の違いに度肝を抜かれた話

人生このままでいいのかと悩んで、日本社会不適合者になりました。

スポンサーリンク

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

フォローは大歓迎♪

もう慣れたけれど日本とは全く違う台湾人の家族との距離感
この記事がお役に立ちましたら
いいねをお願いします。

最新情報をゲットできます♪