似ている音比較ㄢ(an)ㄣ(en)ㄤ(ang)ㄥ(eng)

こんにちは、管理人のかどやんです。

今回は、日本人にとって聞き分けが難しい音「ㄢ(an)ㄣ(en)ㄤ(ang)ㄥ(eng)」の比較をしていきたいと思います。

特に「ㄢ(an)」と「ㄤ(ang)」は、日本語では区別されないので難しいです。

ただ、この二つの聞き分けができるようになると、日本語でもこの単語は「ㄢ(an)」で発音するんだ、と聞き分けられるようになるので面白いです。

くっつく子音によっては聞き分けが難しかったりしますが、何回も聞いて慣れるしかないです。

それではいってみましょう~♪

スポンサーリンク

子音+「ㄢ(an)」or「ㄣ(en)」or「ㄤ(ang)」or「ㄥ(eng)」の音比較

詳しい発音の仕方は今回は割愛しますので、それぞれの発音のページで確認してくださいね。

注音発音ボポモフォ:子音+ㄢ(an)編

注音発音ボポモフォ:子音+ㄣ(en)編

注音発音ボポモフォ:子音+ㄤ(ang)編

注音発音ボポモフォ:子音+ㄥ(eng)編

ㄅ(b)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄅㄢ(ban)】

【ㄅㄣ(ben)】

【ㄅㄤ(bang)】

【ㄅㄥ(beng)】

ㄆ(p)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄆㄢ(pan)】

【ㄆㄣ(pen)】

【ㄆㄤ(pang)】

【ㄆㄥ(peng)】

ㄇ(m)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄇㄢ(man)】

【ㄇㄣ(men)】

【ㄇㄤ(mang)】

【ㄇㄥ(meng)】

ㄈ(f)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄈㄢ(fan)】

【ㄈㄣ(fen)】

【ㄈㄤ(fang)】

【ㄈㄥ(feng)】

ㄉ(d)+ㄢ(an)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

※ㄉㄣ(den)はありません。

【ㄉㄢ(dan)】

【ㄉㄤ(dang)】

【ㄉㄥ(deng)】

ㄊ(t)+ㄢ(an)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

※ㄊㄣ(ten)はありません。

【ㄊㄢ(tan)】

【ㄊㄤ(tang)】

【ㄊㄥ(teng)】

ㄋ(n)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄋㄢ(nan)】

【ㄋㄣ(nen)】

【ㄋㄤ(nang)】

【ㄋㄥ(neng)】

ㄌ(l)+ㄢ(an)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

※ㄌㄣ(len)はありません。

【ㄌㄢ(lan)】

【ㄌㄤ(lang)】

【ㄌㄥ(leng)】

ㄍ(g)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄍㄢ(gan)】

【ㄍㄣ(gen)】

【ㄍㄤ(gang)】

【ㄍㄥ(geng)】

ㄎ(k)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄎㄢ(kan)】

【ㄎㄣ(ken)】

【ㄎㄤ(kang)】

【ㄎㄥ(keng)】

ㄏ(h)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄏㄢ(han)】

【ㄏㄣ(hen)】

【ㄏㄤ(hang)】

【ㄏㄥ(heng)】

ㄓ(zh)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄓㄢ(zhan)】

【ㄓㄣ(zhen)】

【ㄓㄤ(zhang)】

【ㄓㄥ(zheng)】

ㄔ(ch)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄔㄢ(chan)】

【ㄔㄣ(chen)】

【ㄔㄤ(chang)】

【ㄔㄥ(cheng)】

ㄕ(sh)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄕㄢ(shan)】

【ㄕㄣ(shen)】

【ㄕㄤ(shang)】

【ㄕㄥ(sheng)】

ㄖ(r)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄖㄢ(ran)】

【ㄖㄣ(ren)】

【ㄖㄤ(rang)】

【ㄖㄥ(reng)】

ㄗ(z)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄗㄢ(zan)】

【ㄗㄣ(zen)】

【ㄗㄤ(zang)】

【ㄗㄥ(zeng)】

ㄘ(c)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄘㄢ(can)】

【ㄘㄣ(cen)】

【ㄘㄤ(cang)】

【ㄘㄥ(ceng)】

ㄙ(s)+ㄢ(an)orㄣ(en)orㄤ(ang)orㄥ(eng)比較

【ㄙㄢ(san)】

【ㄙㄣ(sen)】

【ㄙㄤ(sang)】

【ㄙㄥ(seng)】

まとめ

こうやって比較すると違う音だなと認識できるんですが、会話となるとやはり難しいです。

リスニングでは、聞き分けられなくても文で判断することが可能です。

ただ、ネイティブにとってこれらの音は全く別物なので、自分が発音するときには正しく発音できるにこしたことないです。

例えば、「服をきる」と言われたとき、発音が「切る」になっていたら、ちょっと混乱しますよね?「着る」と言いたかったのか、それとも本当に「切る」のか。

ある程度は文脈で判断できるのですが、どちらにもとれる場合は混乱してしまいます。

なので、発音は正しくできるように練習をした方がいいです。

私も、1~3声はちゃんと発音できるのに、4声だけ違ってしまったりします・・・。

どうしても日本語の発音の癖があるので、これはトレーニングするしかないです。(^^;

目指せネイティブ!ではまた。

スポンサーリンク

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

フォローは大歓迎♪

似ている音比較ㄢ(an)ㄣ(en)ㄤ(ang)ㄥ(eng)
この記事がお役に立ちましたら
いいねをお願いします。

最新情報をゲットできます♪