22.子音+一ㄣ(in)

こんにちは。

管理人のかどやんです。

今回は『子音+一ㄣ(in)』の発音練習ですね。

この音も、音が『ㄣ(en)』の時とは違う音に変化しますので、注意が必要です。

発音自体は、日本人にとって発音がしやすい音になりますよ。

それでは、さっそく練習してみましょう~♪

スポンサーリンク

一ㄣ(in/yin)の練習【音声付】

『いん』と発音します。『いえん』ではありませんので注意が必要です。

「ん」を発音するときに、舌を前歯の裏にくっつけて音を終わらせます。

この音は、『一ㄥ(ing)』との区別が難しいです。

が、ネイティブにとっても違いを聞き分けるのが難しいそうです。

なので、どちらかというと、文脈からどの単語かを理解するといった感じです。

・ㄅ一ㄣ(bin)

唇に力を入れて『びん』

※「ん」を発音するときに、舌を前歯の裏にくっつけて音を終わらせることを忘れずに。

以下の音、すべて同じです。

・ㄆ一ㄣ(pin)

唇に力を入れて、息をたくさん吐きながら『ぴん』

・ㄇ一ㄣ(min)

唇に力を入れて、鼻に息を通しながら『みん』

・ㄋ一ㄣ(nin)

舌先に力を入れて弾きながら、また、鼻に息を通して『にん』

・ㄌ一ㄣ(lin)

舌先に力を入れて弾きながら『りん』

「り」を発音するときの舌の位置は、少し前歯の歯茎寄りです。

・ㄐ一ㄣ(jin)

口を横に開き『じん』

・ㄑ一ㄣ(qin)

口を横に開き、息をたくさん吐きながら『ちん』

・ㄒ一ㄣ(xin)

口を横に開き、音を摩擦させるように息を吐きながら『しん』

まとめ

-shared-img-thumb-PPS_hitujigusasuiren_TP_V

この音も、そんなに難しい音ではないですね。

日本語の『いん』は、舌の後ろが上にくっついて終わります。

なので最初は、舌を前歯の後ろにくっっつけて終わらせるように意識する必要があります。

『ㄢ(an)』と『ㄣ(en)』は、舌を前歯の後ろに持ってくる!と覚えましょう。

慣れてしまえば簡単ですo(^▽^)o

次回は『一ㄤ(iang)』の発音練習です。

それではまた♪

スポンサーリンク

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

フォローは大歓迎♪

22.子音+一ㄣ(in)
この記事がお役に立ちましたら
いいねをお願いします。

最新情報をゲットできます♪