美肌になる方法は常在菌を増やすこと。オーガニック化粧品で肌育!

こんにちは、管理人のかどやんです。

私は彼氏が台湾人ということもあり大の台湾好きなのですが、彼らを見ていて羨ましいなと思うことがあります。

それは、老若男女問わずお肌がきれいな事。

ツヤツヤでツルツルです。

同じアジア人なのに、なんでこんなにもお肌に差があるのだろう?

いつも疑問に思っていましたが、台湾人の女子達は普段スッピンで過ごしているという事を知りました。

なるほど。それはお肌がきれいなはずだと納得。

でも、日本でスッピンで仕事に行ったり外を出歩くのは無理!

と思いますよね・・・。

けれども、素肌がきれいになれば厚化粧をする必要もないですし、スッピンに近い状態でいる事は可能になります。

私は今アラサーですが、20代の時よりも確実にお肌がきれいです。

アイメイクなどはしますが、ベースは日焼け止めを塗ってパウダーで仕上げて終わりです。

20代の頃はお肌ボロボロで、こんな薄化粧で外を出歩ける日が来るなんて、思ってもいませんでした。

数々の化粧品を試して、健康なお肌に辿り着くまでにはかなりの失敗を繰り返し、やっとこれだと思えるスキンケアに出会えました。

試行錯誤の上に知ったのは、

間違ったスキンケアによって、お肌のトラブルを防ぎ健康なお肌を作ってくれている皮膚常在菌を、死滅に追いやっていたという事でした。

簡単にいうと、肌バリア機能の崩壊です。

化粧品やファンデーションに入っている強力な防腐剤は、お肌にとって良い働きをする常在菌が住みにくい環境を作り出します。

お肌に常在菌がいなくなると、健康な肌を保つことはできません。

スッピンでいるということは、日中はファンデーションの防腐剤の影響を受けないので、常在菌が失われることがありません。

お肌には、自分の力でお肌をきれいに保つ力が本来備わっています。

しかし、過剰なお手入れやメイクによって、そのバランスが崩れて汚肌へと変化していくのです。

お肌を健康できれいな状態に戻すためには、強力な防腐剤の入ったスキンケアをやめて、肌本来の機能を育てることが大切です。

肌荒れに悩んでいる方は、今のスキンケアの方法で本当に大丈夫か、今一度考えてみるといいかもしれません。

自分の力でキレイになれるのが、一番良い方法だと思います。

スポンサーリンク

皮膚常在菌と防腐剤のお話

liquid-415425_1280

常在菌というと、腸の中にいる善玉菌と悪玉菌が思い浮かびますが、実は皮膚にも様々な菌が住んでいます。

皮膚常在菌には、肌の表面を常に弱酸性に保ち、雑菌や病原体から肌を守ってくれたり、皮脂を分解して皮脂膜を作る働きをしてくれる菌がいます。この菌はお肌にとって良い働きをしてくれる菌です。

肌が乾燥しないのは、この良い菌の働きによって、天然のクリームと言われる皮脂膜をつくり出し、保湿をしてくれているからです。

一方で、アルカリ性を好み、吹き出物などの肌荒れを起こす悪い菌もお肌にはいます。

美肌を保つためには、良い菌が住みやすい弱酸性の肌環境を作ってあげることが最も大切なのです。

そして良い菌は、皮脂や汗を餌にして弱酸性を保っています。

しかし、過剰な洗顔や間違ったスキンケアによって、皮脂は根こそぎ取り除かれ、良い菌が増えにくい肌環境になり、挙句の果てには良い菌を死滅へと追いやってしまっているのです。

洗顔・基礎化粧品・メイクアップのすべてに使われている合成防腐剤。

バクテリアやカビを防ぐために必ず使用されていますが、毒性の強い防腐剤ほど菌に強く、防腐効果が高くなります。

その他に、アルコールや保存料の殺菌剤も、化粧品には含まれています。

常在菌も菌の一種なので、日常的に強力な防腐剤や殺菌剤をお肌に与え続けた場合、滅びてしまいます。

美肌に少しでも近づきたいのであれば、毒性の強い防腐剤や殺菌剤が入ったものではなく、お肌に優しく、常在菌(良い菌)が住みやすい環境を整えてあげることが大切です。

オーガニックのスキンケアを使って肌を育てる

gettou_02

お肌の老化の原因に、「与えすぎ」という事が挙げられています。

多くの化粧品は、コラーゲンやヒアルロン酸などの分子量の大きい成分を肌の奥まで送り届けるために、肌のバリアゾーンを破壊して過剰にお肌に与えようとします。

その直後は確かに潤うかもしれませんが、水分を保つ皮脂膜を壊しているために持続しません。

それでは困るので、合成ポリマーなどの成分を配合しておいて、人工的な皮脂膜をつくり、肌が潤っているように見せかけています。

しかし、肌には常在菌(良い菌)が存在しており、菌のチカラで天然の皮脂膜を作ることが可能なのです。

それなのに、そのことを知らないがために、合成防腐剤・殺菌剤で菌を殺して自分の力で皮脂膜を作れない状態にしています。

これを続けると、お肌は本来持っている機能を発揮する機会が奪われ続け、やがて衰え始めます。

そして、肌は自分の力では潤うことができなくなり、もっとたくさん与えなければと、お肌によくない成分がたくさん入った化粧品を使い続けなくてはいけなくなります。

これはほんとにもったいない事だと私は思います。

私も20代の頃は、この事実を知らなかったがために、お肌をずぅーと痛めつけていました。

しかし、自分が本来持っているお肌の力を手助けしてくれるオーガニックのスキンケアに出会ったことで、私のお肌は鍛えられ、きれいになっていきました。

自分のお肌の機能を高めることが、美肌への第一歩です。

けれども残念ながら日本は、オーガニックに対して厳格な基準を設けていないため、オーガニックと謳っていても、合成防腐剤などがこれでもかというくらいに入っている商品が存在するというのが実情です。

オーガニックの化粧品なんて星の数ほどあるので、それこそどれを選べば良いのかわからないですよね・・・。

私はオーガニックに目覚めてから、国内外問わずたくさんの商品を試してみましたが、成分的にも申し分なく、お肌本来の機能をしっかりとサポートしてくれているなと感じられた化粧品がいくつかありました。

今回は、肌を育てる事に重点を置いたおすすめのオーガニック基礎化粧品をご紹介したいと思います。

琉白~るはく~

trial_02

沖縄生まれのオーガニックスキンケア。

全製品、世界規模のオーガニック認証「エコサート認証」取得済み。

美肌のハーブと言われる月桃を使用しています。月桃は、沖縄では古くから薬草として重用されてきた歴史があり、ショウガ科のハーブです。

食べ物を月桃の葉で包むなどして長持ちさせるなど、天然の防腐剤としても使用さてきました。

「琉白~るはく~」の特徴は、肌本来の力を引き出すことを目的に作られていることです。

ケミカル漬けの日々を送っていた方が「琉白~るはく~」を使用すると、はじめはとても物足りなく感じると思います。

なぜなら、皮脂膜を自分の力で作り出す力が今はないからです。けれども、根気よく使い続けるうちに、お肌が内側から潤っていることに気がつきます。

早い方だとトライアルセットの7日間で少しは実感できるかもしれません。こればかりは個人差があるのでなんとも言えませんが・・・。

即効性は期待できませんが、継続することで、お肌は確実に本来の肌機能を取り戻すことができます。

個人的には、化粧水の少しトロっとした肌触りと、月桃の甘すぎない爽やかな香りが好みです。

「琉白~るはく~」の公式ページを見てみる

「琉白~るはく~」を使ってみた感想

HANAオーガニック

trial_00

ブルガリア産のダマスクローズを贅沢に使用したオーガニックコスメ。

酸化ダメージに強いローズポリフェノールの力を借りて、刺激に負けない強い肌を作っていきます。

「HANAオーガニック」の特徴は、使い続けることにより自分の力で潤うようになり、使用料が少なくなっていくことです。

常在菌のうち、美肌に良い効果をもらたす美肌菌(良い菌)を優位にするように働きかけ、肌本来の力を引き出していきます。

匂いはローズの甘い香りがします。私はローズの化粧水を使っていたこともあり抵抗がないのですが、無臭に慣れている方は苦手に思ってしまうかもしれません。

やはり最初は、あっさりし過ぎのように感じたくさんつけてしまいますが、美肌菌が育っていくことで自分の肌の機能で潤うようになります。

「HANAオーガニック」の公式ホームページを見てみる

 リペアファンデーション

IMG_7626

医学誌にも掲載された100%天然由来のファンデーション。

主原料にこだわり、自社生産の無農薬栽培米を使用して作られていてます。

お肌に優しいと聞くと、心配になるのがカバー力。

肌が汚いと、どうしてもファンデーションでしっかりカバーしたくなりますよね。

けれど、カバー力のあるファンデーションは、石油由来の成分から作られたお肌に負担のかかる製品がほとんどです。

かといってボロボロのお肌に、お肌には優しいけれどカバー力のまったくないファンデーションを使うのはイヤだ・・・

どっちを取るかとても悩むところです。

この「リペアファンデーション」は、この悩みを解消する、100%天然由来にもかかわらずカバー力が抜群のファンデーションなのです。

せっかくお肌に良い基礎化粧品に変えたのに、ファンデーションでお肌を痛めつけていては勿体ないです。

ファンデーションで悩むのが色ですが、トライアルセットではリキッド・パウダーファンデーション共に各色を試すことができます。

基礎化粧品をお肌に優しいものに変えたのであれば、是非ともファンデーションも気にかけてください。

スキンケアはオーガニックなのに、ファンデはなぜか石油由来でがっちりカバーをしてしまっている方がいらっしゃいます。

美肌になるには、徹底的にキレイを目指さなくてはいけません。

ファンデーションも、天然由来でできた商品を選ぶようにしましょう。

リペアファンデーション

まとめ

AMEshirorabe_TP_V

私は、今までほんとにいろんな化粧品を試してきたんですが、たどり着いた答えは、シンプルが一番ということでした。

あれもこれもと外ばっかりを見て、しっかり自分の内側を見つめていなかったなと反省しています。

あと、オーガニックというとお肌に優しいというイメージがありますが、自然成分を配合しているので、ケミカルの製品よりもアレルギー反応は出やすいです。

オーガニックは優しいわけではなく、むしろ強い。

野原で、農薬の力を借りずに自分の力だけで虫から身を守っているのですから、弱いはずがありません。むしろ強い生命力に溢れています。

この植物の生命力を借りて、お肌を鍛えるという考え方が正しいと思います。

オーガニックの成分が合わないというのは、花粉症のアレルギーのようなものなので、あわない場合は他のものに変えるなど、工夫が必要です。

今はほとんどの場合、トライアルセットがありますので、気軽に試せるのもいいですよね♪

自分の本来のお肌の機能を取り戻せる化粧品を、是非見つけてくださいね。

あと、余談ですが、洗顔にはくれぐれもご注意ください。

ゴシゴシ洗うとか絶対ダメです。

しっかりと泡を立てて、手を肌につけずに、泡で優しく洗います。

そして、シャワーを顔面に直接あてて流すのも✖です。

常在菌(良い菌)のエサとなる必要な皮脂までもが、洗い落とされてしまいます。

洗面器などに水(無理なら温めのお湯)を汲んで、優しくパシャパシャとすすぎます。

そして、タオルで拭くときも優しく包んで動かしません。ふんわりのせて水分を吸収させるようにします。

また、朝はそれほど汚れていないので、洗顔料を使って洗顔しなくてOKです。

水でゆっくりと1分くらいかけて丁寧に洗っていきます。

これだけで汚れは十分に落ちますよ。

お肌が荒れている方は、洗顔が雑か洗いすぎな場合があるので、心当たりのある方は気をつけてみてくださいね。

肌を育てて美肌を目指しましょう~♪

<この記事も一緒によく読まれています>

台湾人にかわいい女子が多いのはなぜ?美の秘訣を徹底調査!

台湾2泊3日モデルプラン!穴場グルメ・台北観光満喫の女子旅!

【台湾・台北】変わり種の小籠包!有名店に飽きたらオススメするお店

台湾旅行持ち物リスト。手荷物・預け荷物別に解説