台湾人彼と晴れて夫婦になりました!激動の3カ月を振り返るの巻

こんにちは、管理人のかどやんです。

私事ですが、この度、台湾人彼と入籍し晴れて夫婦となりました。

ブログの更新が滞ってしまい、心配メールをくださった皆さま、また何度もこのブログを見に来てくださった皆さま、本当にありがとうございます。

この3カ月、準備とプチトラブルなどがあり、バタバタの状態でした。

いろいろありましたが、年内に入籍が完了してホッとしております。

といっても「結婚することになりました!!!!」とブログで報告(下の記事)してから、3カ月後には両国での入籍が完了したというすごい段取りに自分でも驚いてます。笑

台湾人彼と国際結婚することになりました!人生の転機は突然やってきた。
こんにちは、管理人のかどやんです。 私事ではありますが、この度、以前からお付き合いしている台湾人の彼と結婚することになりました!!! 幸せだ~♪ 大好きな彼と...

台湾人の性格が多いに反映された入籍手続きだったな~とシミジミ実感。

という事で今回は、プロポーズから入籍完了までの物語を語ってみたいと思います。

もう恋愛ネタ飽きたよ・・・という方は、遠慮なさらずここで閉じてくださいね。きっと「いや、ちょっともうお腹いっぱい・・・」となる事間違いなしですので。苦笑

覚悟の上でお読みください。

いいですか?

いいんですね (・・?

ではどうぞ~♪

因みに、今回は入籍までの家族の思いであったり、心情をピックアップしているので、詳しい結婚の手続きに関しては書いていません。後日まとめて別記事で書きますので、ご了承ください。

スポンサーリンク

 入籍の段取りが驚異的なスピードだった

彼からのプロポーズを9月の中旬に受け、彼の家族にきちんと挨拶をするために台湾を訪れたのが9月末。

そして、「縁起の良い事」は早め早めに!!という、彼ママ・パパからのプレッシャーに押され、台湾に滞在している間(12月中旬まで)に台湾での入籍を済ませる事になりました。

「いやいや、でもね、私の家族への挨拶もまだだし、もうちょっとゆっくりでもいいんじゃないかな???」という意見はあっさり流され、

「台湾での手続き先でいいか私の家族に聞いてみて、ダメだったら諦めよう」という事に。

まぁ私の家族からしてみたら、国際結婚は初めての経験ですし、「日本での入籍」の方が重要ということで、台湾での入籍は彼の家族主導で決めてくれたらいいよ~となり、11月28日に入籍。

そして、本当は年明けに彼の家族が日本へ挨拶に来る予定だったのが、クリスマスに行けるよ!!と11月末に言われ、

「縁起の良い事は早め早めの法則 by彼のママ・パパ」により、私の家族の予定を急いで確認し、無事にクリスマスに顔合わせ、ついでに日本での入籍も完了。

こんな感じで、「早め早めに」とすべてが前倒しとなり、無事に年内に入籍が完了しました。笑

台湾での入籍は12月1日を予定していたのですが、11月27日(日)の夜に、12月1日はお日柄が良くないから明日の12時から14時の間に提出しておいで!!!となり、希望日の入籍かなわず・・・というプチハプニングあり。

彼も、12月1日がいい!と頑張って反論してくれたのですが、台湾はとにかく両親の意見を尊重。なので、勝てるわけもなく・・・。

いいんですけどね、どうやって覚えよう11月28日。忘れそう・・・(^_^;)

何はともあれ、年内に一区切りついて安心した部分もあり、結果オーライ。いい年越しができそうです。

こんな感じで11月から12月があっという間だったのですが、その間に自分の家族の思いに触れることになり、改めて自分がいかに大事に育てられてきたのかという事を知ることになったのでした。

私の父の思い

結婚式は来年の5月の予定で動いています。結婚式を楽しみにしているよ!と笑顔で話してくれる父。

ただ、喜びの裏には父なりの思いや苦悩がありました。

実は、私には母がいません。

中学生の頃に亡くなり、そのあとは父が3人の娘を育ててくれました。

どちらかというと、物静かで不器用なタイプの父。今まで海外旅行に行った事もなく、家族のためにずっと頑張って働いてくれていました。

そんな父に対して、外国人の彼を作ってしまった事に少し罪悪感を抱いていた部分もあり、当初は私の口からは台湾人の彼がいるという事は言えずにいました。

すると、私の姉は父が既に私の彼の事を知っているものと思い、ポロッと口にしてしまったのです。

父、大号泣だったそうです。

できるなら日本人と結婚して欲しい。それが父の思いでした。

この話を聞いて、本当に申し訳ないと思いました。でも、彼の事を諦められるかと言われるとそうはならず、しっかりと思いを伝える事にしました。

いつも味方でいてくれる父なら、私の気持ちを理解してくれるはず。そう信じていました。

そして、彼の事を打ち明けた時には、父はある程度の覚悟ができていたようで、「いい人見つけてよかったね」と言葉は少な目でしたが、応援をしてくれました。

「〇〇ちゃんの人生だからね、頑張るんよ」と、この言葉を絞り出すのにどのくらい悩み葛藤したのだろう。

いつまでも優しい父。

今でも母の事が好きで、再婚せずに家族の事を第一に考えてくれた父に、感謝の気持ちでいっぱいです。

絶対幸せになるよ。

結婚って、家族の思いを知ることができるいい機会でもあるなと思います。普段は恥ずかしくて口に出せない「ありがとう」もこの時はちゃんと口に出せる。

私の幸せのベースには、いつでも守ってくれた父の存在があった事を改めて感じさせられたのでした。

大事に育ててくれて本当にありがとう。

両家対面

クリスマスイブに彼の家族が私の実家を訪れ、そのまま夕食へ行くことになっていました。

当日は午前中から夕方まで彼の家族を観光案内し、そのあと実家へ招待。

初対面なので、どうなるかと内心ドキドキしていたのですが、彼ママ・パパの明るい対応に、父もリラックスできているようで安心しました。

雑談をひとしきり終えたころ、彼ママが、

「お嬢さんをお嫁に下さって本当にありがとうございます。」と切り出します。

私は通訳しないといけないのに、思いが込み上げてきて、言葉にならず号泣。笑

それを見ていた父も、ウルウル。

彼の妹が、ちゃんと通訳しないとパパは理解できないよ!と、さすがはスパルタ。

でも、無理だ・・・。鼻水ダラダラで、何度かトライするも断念。(^_^;)

なんとか気持ちを切り替えて、父が伝えたい思いや、彼の家族のそれぞれの思いを精一杯通訳しました。

夕食時も、私のパパと彼パパはお酒が好きという共通の趣味もあり、二人で日本のお酒を楽しんでました。

彼が、パパ二人とも嬉しそうでホントに良かったね♪と言ってくれて、彼と結婚して、ステキな家族に囲まれて本当に幸せだなと思いました。

”家族っていいものだな”

自分の家族にもそう思ってもらえるように、精一杯頑張ろうと心に誓ったのでした。

彼パパ・ママが勝手に私達の家を購入!?

結婚のお話ついでに、私は台湾人と結婚したんだなというのを、一番身に染みた出来事をお話したいと思います。

結婚って嬉しくて、いろいろ買い揃えたり、新居をどうするかとか夫婦でのワクワクがたくさんあると思うんですよね。

ただ私の場合、人生の中でかなり重大な決断を迫られる「新居の購入」を、なんと私&彼の意見の尊重なく、彼のパパ・ママが独断で購入・・・。

これは、「親の意見が勝つ」という台湾あるあるの中でも、一番衝撃を受けた出来事でした。

日本だと、本人(息子夫婦)が主導権を握り、家を決めて、そこで親が手助けできるならしてもらう・・・というのが流れだと思います。

ただ、台湾の彼家族は違いました。

もともとは、彼のパパママが新しい家をもう一軒欲しいと考えていて、物件を探していたとの事。

そして、彼の実家近くに中古の家でいい物件があるという事で、なぜか私も一緒に内見に行くことに。

そこでしきりに、彼のママが「この家どう??」と私に聞いてきたので、微妙と思いながらも直球では言えず、言葉を濁しながら軽く返事を返していました。

この時は、まさかここが自分の新居になるとは思っていなかったので、すごーく軽く考えていたんです。

そこから急展開。

彼と家の話をしている際、言いにくそうに「実はパパママは、あの家を僕たちの家にしたいみたいなんだ・・・」と聞かされ、猛烈に反対。

築年数が古く、住むとなると全面リフォームが必須で余計にお金がかかるし、さらにはエレベーターなしの4F。

私と彼は別で家を探していて、ちょうどいい家を発見した所だったので、しっかりと反対だと伝える事にしました。

しかーし!!この時点ですでに入札済み。(@_@;)

翌日には、見事に落札したと聞かされ・・・・。

もう、こうなったら諦めるしかない状態。

マジか・・・。私の夢のマイホームが。これ、今までいろいろあった中で一番ショックでした。

さらに、彼のパパ・ママが買うものだと思っていたら、彼の援助も必要とのこと。

住みたくない家のローンを知らないうちに背負う羽目になったという、少し悲しいお話です。

父・母恐るべし。

いつも思うのですが、台湾人の行動力は見習うべきところがあります。

がしかし、今回の本音は、家は自分で決めたかった~~。

2日ほど、けっこうな感じでグレてましたよ。苦笑

夢であって欲しいけれど、これが現実。

今は、もう仕方ないので諦めて、リフォームの案を考え中。

台湾は基本ユニットバスなので、それだけは絶対に避けたい。トイレとお風呂だけは絶対に分けてもらうように、見張りながら交渉を進めていきたいと思います。

来年、新居の写真とかアップした時に、もしユニットバスになってたら、「あっ、ダメだったんだな・・・」と静かに悟って頂ければと思います。(^_^;)

まとめ

約3カ月の間に、入籍して家まで購入してしまった私達。

すごいハイスピードで、人生の大事な時期が終わっていっています。

来年の抱負は、「もっと自分の意見を言う!!!」

今までは、わりと遠慮して我慢することが多かったのですが、このまま遠慮し続けたら、きっと何一つ自分で決めることができないような気がします。

なので来年は、自分が納得できるまで意見をぶつける年にしたいと思います。

家の内装だけは、絶対に譲らない。そう心に誓ったのでありました。

これから台湾人の旦那さまを持つ予定の皆さま、いろいろと気を付けましょう。

自分の意見ははっきりと主張して、私のようなちょっと残念な結果にならないように頑張ってくださいね。

さてさて、今年もあと数日でおしまい。

皆さまにとっては良い1年でしたか?

来年もやる事山積みですが、健やかに楽しく過ごせたらいいなと思う管理人でございます。

皆さまにとっても良いお年となりますように。

来年もどうぞこのブログをよろしくお願い致します。

<この記事も一緒によく読まれています>

台湾人の男性・女性と知り合う方法。みんなどうやって出会うのか?

台湾人の男性が優しいというのはウソだとわかった話。驚愕の本性とは?

台湾人を彼氏に持つときに覚悟すべきこと。仲の良い妹が彼と私にキレたわけ。

コメント

  1. 美栗 より:

    かどやんさん、おめでとうございます〜(๑˃̵ᴗ˂̵)
    入籍から新居購入のスピード感がとてもよく伝わってきました!笑

    お父様のお話、読んでいてウルウルしちゃいました。わたしも、母一人の家庭で育ってきたのでなおさら、です。。。

    かどやんさんの幸せを微力ながら祈っております^_^!
    結婚式のお話も楽しみにしてますね〜!!

    • かどやん より:

      美栗さん!ありがとうございます♡
      スピード感が伝わってよかったです。笑

      家族の絆を改めて感じる大切な経験でした。
      私もこれから、自分の家族を幸せにできる存在でありたいと思います。
      そして私自身も幸せになります。

      これから結婚式について話を詰めていくところなので、
      いろいろと結婚式関連の記事もアップしますね!

      美栗さんもこれからいろいろあるかもですが、
      納得いくようになされてくださいね。
      また、報告お待ちしております♪
      ありがとうございました!

  2. snow より:

    かどやんさん、あけましておめでとうございます。無事入籍されたのですね!
    お父様、旦那様のご両親と楽しい時間を過ごされたのですね。 お父様の気持ちも、かどやんさんの幸せな姿を見れば徐々に安心に変わっていくのではないでしょうか(*^-^*)

    しかし、家の購入はびっくりですね
    本当にあちらの方には毎回驚きです(笑)
    日本人って、自分の意見をあまりはっきりと言わない方がと思いますが、私は特に言わない方なので気をつけます。。
    彼に対しても、ギクシャクするのを恐れずに、嫌なことは嫌だと、もっと言えるようにしなきゃですよね。
    台湾人の女性は強い、なんて聞くので、日本人の私が強く言ってもダメージは少ないかも?なんて思ったり(・ω・`;)
    今の私の課題なんです。頑張ります(>_<。)

    私事で、どうでもいいことを長々とすみません(汗)

    • かどやん より:

      snowさん
      あけましておめでとうございます。
      はい!無事に入籍いたしました。(*^_^*)

      家の購入・・・ほんとにびっくりです。苦笑
      彼ママ&パパは、ほんとに優しくてステキな方達なのですが、
      今回の件はかなりのダメージを受けました。
      でも、良かれと思ってしてくれているので、そこをどう説得するのか・・・
      難しいところでもあります。
      今回は説得しようとした時点で購入済みだったので、
      完全に手遅れでしたが。(^_^;)

      snowさん、嫌な事は嫌と言えるようにした方がいいかもしれません。
      台湾人の方と長らく一緒にいて気付いたのですが、
      嫌だと拒否される事をとくに気にしてないように感じます。
      なんというか、「拒否するのも相手の選択肢のひとつ」と自然に考えている感じでしょうか。
      なので、私が何か誘っても、嫌なら嫌だとはっきり言われます。

      そして、私がちょっと嫌だなと思う頼まれごとをした際、
      嫌でもなんとかしようとしている私を彼の妹が見ていて、
      「嫌なら断る!じゃないと、台湾人は聞くときに遠慮しないから、
      また同じ事頼まれるよ!!」と言われました。

      嫌と言われる事に、少なくとも日本人ほどダメージを受けないのではないか・・・
      というのが、私の考えです。

      snowさん自身が抱え込みすぎて、楽しくなくなる事が一番良くない事だと思います。
      私も、今年はもっと自分の意見を言うと決めたので、一緒に頑張りましょう!

      2017年がsnowさんにとって素晴らしい年となりますように♡

      • snow より:

        お返事ありがとうございます
        そういえば付き合いはじめの頃に彼から、
        『snowは、、彼氏に優しすぎ!』と言われたことを思い出しました。
        たしかに、彼も嫌なときは嫌、要らないものは要らないと、はっきり言います!

        皆が皆ではありませんが、やはり台湾人は台湾人なりの性格って多少なりともありますよね。台湾人のパートナーがいらっしゃる方たちと、うちの旦那・彼はこんな感じよ〜って情報を、あれこれシェアしたいなぁなんてふといつも考えます。

        かどやんさんの記事、気持ちや伝えたいことがスッと伝わってきますし、読みやすく、好きですよ(*¨*)

        2017年、正に私も人に会うことを目標にしたいなぁと思っていたところです。いつでも会えるからと考えてばかりで交友関係も薄くなっていました.. かどやんさんが仰るように、家族との時間も大切にしたいところです。 それと、ズバリ抱え込まないこと ですね(笑)

        自分を出すことを恐れずに、むしろ『NO』と言うことを楽しもうと思います(*^^*)頑張り過ぎず、頑張るぞ〜。

        • かどやん より:

          snowさん

          snowさんはきっと、彼にだけでなく、誰にでも優しく接することのできる方
          なのだとお見受けします。(^^)
          なので、例えsnowさんが「NO」と言おうとも、誠実に接する方の「NO」は
          ちゃんと理由がある「NO」だと理解されると私は思いますよ。

          「台湾人」と大きいくくりで片づけるのは良くない事だと思いつつ、
          私も、台湾人には台湾人なりの性格があるという意見に同意です。
          彼はとても優しいですが、不意に、台湾人独自のプライドの高さが垣間見える
          時があります・・・苦笑

          snowさん、私も台湾人男性をパートナーに持つ方達と語り合いたいと
          思っていました!
          是非台湾で、台湾人をパートナーに持つ彼女・妻の会を開催しましょう~♪
          ちょっと、台湾生活が楽しみになってきました。(*^_^*)

          「スッと伝わってきます」←このお言葉、私にとって最大の褒め言葉です!
          ありがとうどざいます!!
          伝えたい思いが伝えたい方にちゃんと届いているって、すごく嬉しいですし、
          もっと頑張ろう!と思えます。
          これからも、全力で思いをぶつけて書いていきますね!

          確かに、いつでも会えると思っていると、交友関係薄くなりますよね・・・。
          台湾へ行くとなると、余計に会えなくなりますしね。
          2017年の目標に掲げた通り、まずは台湾へ行く前に、
          自分が会いたい人には全員会ってから台湾へ行く予定です。

          “頑張り過ぎず、頑張るぞ〜。”いい言葉ですね!
          私も、そうします♪

  3. まゆ より:

    かどやんさん、入籍おめでとうございます!
    私も自分のことと被ってとても嬉しくなりました(*’▽’*)
    私も台湾の彼と10月に日本での入籍を終え、あとは台湾での入籍を残しています。
    今月末に台湾へ引っ越してからになります。

    お家購入の件も、それそれー!って思いながら読みました 笑 私も実は住居のことで揉めて揉めてなだめられて…
    引っ越してからもまだ問題はありそうです( ; ; )

    お父様のお話、涙が出ました。私の父と母は台湾の彼のことをとても気に入ってくれていますが、やはり台湾へ嫁ぐということに寂しさはあるのかな?と思っています。かどやんさんのお父様も寂しさもあるとは思いますが、きっと一番にかどやんさんの幸せを願っておられることと思います!
    共に台湾で笑顔で楽しみながら頑張りましょう!
    いつかあちらでお会いできたら嬉しいです♫

    • かどやん より:

      まゆさん、ありがとうございます。

      まゆさんは先に日本で入籍をされたのですね!
      おめでとうございます♡

      住居のこと・・・揉めますよね(^_^;)
      私のところも購入後のリフォームの内容、さらには
      私達の新居のはずが彼妹夫妻と同居になりそうとか・・・
      日本では考えられない討論をしております。苦笑
      お互い問題山積みのようですが、めげずに頑張りましょうね!!
      心折れそうな時はいつでも聞きますので、お気軽に連絡ください。

      まゆさんのお父様お母様も、台湾は日本から近いとはいえ、
      寂しく思われていると思います。
      私達にできる事は、幸せな姿を見せてあげる事ですよね!

      私のお引越しは来月の初め~中旬になりそうです。
      まゆさんは今月末ということで、今が一番バタバタとされて
      いる時ですよね。
      家の件、台湾での入籍の件とやることたくさんあると思いますが、
      あまりご無理をなさらないようにしてくださいね。

      2月中旬以降であれば台湾で会えます♪
      台湾新妻会開催しましょう~(^^)/

      お互い、これからが大変ですが、頑張りましょうね!
      2017年、まゆさんにとってステキな年となりますように♪

  4. みっちー より:

    初めまして‼
    初めてコメントさせていただきます。
    御入籍おめでとうございます‼
    実はわたくし、大学生で「台湾に1人旅」をしたい‼と色々インターネットで検索をかけていたところ、かどやんさんのブログにたどり着きました!
    その流れでこの記事を見つけて、ほんとうに海外で生活するってすごいなぁ~。と未熟ながら感じております。

    今回のブログの内容とは関係ないのですが、どうしても聞きたい事があるので、お伺いさせてください!!
    冒頭にも話したように私は大学生のうちに「いろいろな所に旅をしたい‼」と考えています。そこで、まずは台湾に一人旅にでたい‼と思っているのですが、治安がいいと言えどもやはり怖いのも事実です。
    海外は韓国しか行ったことが無く、中国語も大学と独学でやっていますが、さわり程度しかわかりませんし、なんにせよまだ19歳(未成年)だから、やめたほうがいいかなぁ~。と思ったりします。

    韓国に行く際も未成年の宿泊自体があまり認められていないようで・・・。
    旅行会社のオプションを付けるという条件で泊まらせてもらいました。
    そもそも台湾に未成年の私が泊まれるのか心配になっています。(今回はエクスペディアという旅行会社を経由していこうと思っているのですが、エクスペディアにそういうオプションがあるかどうかがわかりません)

    そこで、かどやんさんに未成年の私(女)1人でも台湾旅行は大丈夫か、また未成年だけでホテルに泊まれるか、教えていただけないでしょうか。
    色々年始でお忙しいと思いますが、お時間がある時で構いませんので、お返事お願いします。

    • かどやん より:

      みっちーさん、こんにちは♪
      ありがとうございます(^^)

      大学生からコメントを頂けると思っていなかったので、
      少しばかり驚いております。
      若いうちにいろんな世界を見ることはすごく良いことだと思います。
      私がオーストラリアにいたときに出会ったお友達は、
      20、21歳くらいの方達がたくさんいましたし、若いうちに世界を見ると、
      選択肢の幅がぐっと広がりますよ。

      頂いた質問に対するお答えなのですが、
      忘れてはならないのは、日本はものすごく安全な国であるという事です。
      ですので、海外へ出られる際は、例え安全な国だと言われていても、
      危険な地域は事前に調べ近づかないようにし、いつも以上に慎重になる必要があります。

      確かに台湾は安全な国ですが、それでもカフェなどで貴重品を机に置いたまま
      席を立つという事は決してありません。
      貴重品は必ず自分で持っておくことが基本です。

      リスク管理さえしっかりとしていれば、女性一人でも問題なく旅行できる国だと思いますよ。
      ヨーロッパに一人で行くよりは、よっぽど安全だと私は思います。

      そして、今現在未成年とのことですが、飛行機は未成年の方のみでも
      OKのところがほとんどのようですね。(ネットで調べる限り)
      ホテルも、親御様の同意書があれば、未成年の方のみでもOK
      という所もあるようなので、台湾へ一人で旅行に行く方法はあると思います。

      心配であれば、日本のJTBなどのツアー会社のフリープランで申込み、
      未成年でもOKな事を先に確認されてる方がいいのではないかと思います。
      フリープランであれば、手続きのみしてもらって、台湾滞在中は一人で
      行動することになりますので、みっちーさんのご希望に沿うのではないかと思います。

      エクスペディアは安いですが、海外の会社なので、未成年で大丈夫かなどを問い合わせても
      返答が遅い可能性があります。
      それであれば、日本の旅行会社を利用して、確認の上で行かれる方が
      いいのではないかな~と思います。

      お答えが難しいのですが、未成年でも行く方法はありますが、
      あとは、親御様と相談されて決められるのが一番ではないでしょうか。
      未成年である以上、親御様の意見には従う必要があります。

      また、成人まであと1年とのことなので、それまでに頑張ってお金を貯めて、
      しっかりと旅行計画を立てておくというのも、立派なやるべき事だと思います。

      アドバイスになったか自信がないのですが、少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

  5. ふき より:

    こんにちは! 初めまして。ふきです。
    最近中国語を勉強し始めまして、こちらのブログにたどり着きました。
    かどやんさんのブログを拝見していましたら、私の生い立ちとリンクするところがありまして、応援メッセージを送りたくなりました。

    私もオーストラリアで出会った夫と結婚しまして、今は台北在住しています。こちらに移り住んで2年半、現在は仕事もしていますが、夫との共通語は英語でして、さすがに一生これじゃマズイと遅ればせながら今年から中国語を勉強し始めました。 夫の家族親戚との会話もなかなかできていませんから、この嫁はいつになったら…とすでに呆れられているでしょうね笑。

    私も中学生の時に母を亡くしています。
    お父様の思い、かどやんさんの気持ち、ブログを読んだだけでも十分伝わってきます。涙。
    ここでは長〜くなってしまいますので書きませんが、
    異国の地で生活するという事は誰でも簡単ではありませんね。 それが結婚となると尚更で、たくさんたくさん泣いています。笑。
    それでも毎日HAPPYに過ごせるように、自分の人生楽しんでいます。

    ひとりじゃないです。国際結婚された方々みーんな頑張っています。辛いのは私だけじゃないと思うと、それが自分への励ましにもなります。
    だから、かどやんさんにもエールを送りたくなりました! これからの台湾生活ゆる〜く頑張りましょう(∩´∀`)∩

    • かどやん より:

      ふきさん、コメントありがとうございます。

      台湾で生活されている先輩からの応援メッセージに感激しております。
      ご主人様とは英語で会話をされていらっしゃるのですね。
      本人同士はそれで問題ないのですけど、家族親戚からの圧力・・・
      ありますよね。(^_^;)

      私からすると、台湾で生活をされ、お仕事もされているふきさんは、
      スーパーウーマンです!!!尊敬します。
      是非、台湾での生活のお話など直接お伺いできれば嬉しく思います♪

      ふきさんも、私と同じ境遇でいらっしゃたのですね。
      結婚って、ここまで育ててくれた有難みを実感しますよね。
      今は、早く彼と生活したい思いと、日本を離れる寂しさと
      両方の気持ちが混在していて複雑です。

      これからたくさん試練があるのだろうな~と思いながらも、
      前を向いて過ごしていきたいなと思います。

      “自分の人生を楽しんでいます”
      このお言葉、心に刺さります。自分で選んだからこそ、
      楽しめているのだろうなとも思いました。(^^)

      私だけではなく、心細い中みんな頑張っているのだなと、
      勇気を頂けました。本当にありがとうございます。
      はい!台湾生活、あまり気を張らずに、マイペースに頑張ります。

      もしネガティブな記事を更新していたら、その時は喝と少しの励ましを
      頂けると嬉しいです。笑
      とても心強いエール、本当にありがとうございました!