ちょっと早いですが2015年を振り返ってみました

こんにちは。すっかり日本の寒さに参っている 管理人のかどやんです。

実は、ついこの間の先月末まで台湾にいたので、まだまだこれからという寒さを前に既に心が折れそうです。

なぜ台湾にいたかと言いうと、実はオーストラリアで出会った台湾人の彼氏がいまして。(人生何があるかほんとわかりませんね。)

因みに台湾の台北で今20℃くらいだそうです。

彼氏(台湾人)と電話中、彼はなんとタンクトップ Σ(゚д゚lll) !!!

“(彼)今日は特に暑いよ~。(´∀`*)”

”(私) (╬゚◥益◤゚)”

プチ喧嘩中の私たちです。

さてさて、話はかわってもう12月!!今年も、もう1ヶ月ありません。

なんかソワソワしてしまいます。

毎回ですが、年末っていろいろ振り返って “あ~ぁ~”って思いませんか?

私は計画性のないダメ人間なので、毎年12月猛烈に焦ります。まだできることあるんじゃない??とか悪あがきをしてしまいます。

とりあえず、今年は今年のうちに振り返った方が来年をすっきり迎えられるような気がするので、今年できた事をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

今年した事その① 台湾に約3ヶ月渡航し中国語の勉強

IMG_5176

8月1日から11月29日まで台湾に行って来ました~!

因みに、台湾は90日以内の滞在であれば特にVISAを取得する必要ありません
(2015年12月現在)

90日以上滞在したい場合は、一度帰国もしくは他国へ出国し再入国する必要があります。私は滞在期間中、日本での用事があったため一度日本へ2週間程帰国しています。あと、VISAが必要ない代わりに、帰りの航空券の提示が必須となります!

おバカな私は行きのチケットだけを予約し、帰国日は台湾行ってから決めよう~♪なんて甘い考えだったため、チェックインカウンターでキレイなお姉様に舌打ちをされ、震え上がるほどの恐怖体験をしましたので、必ず帰りのチケットも出国前にご用意下さい。笑

さてさて、話しを戻しまして、台湾での滞在中に1ヶ月だけ中国語の勉強をしに語学学校へ通ってみました。

なんせ、私と彼氏(台湾人)との間ではもっぱら英語で会話のため、中国語を今まで全く勉強していませんでした。

がしかし、台湾滞在中は彼のご実家へ滞在させてもらえる事となったため、中国語必須となったわけです。

私は1ヶ月だけと決めていた事もあり、大学に付属する語学学校ではなく、アカデミー的な『國語日報』という所に通いました。

国籍は日本人、オーストラリア人、タイ人、インドネシア人と多国籍でした。

が、中国語オンリーのポリシーとかは一切なく、授業中は質問もほぼすべて英語でされ、先生も英語で説明します。

ど初級のクラスだったので致し方ない部分はありますが、やはり少しばかり物足りなさが残りました。

1ヶ月日本円で約3万円程。

上級クラスになるとまた違ってくるとは思いますが、真剣に中国語の勉強をしたい方にはあまりおすすめではないと感じました。

宿題もほとんど出ないので、趣味程度の気軽な気持ちの方にはちょうど良いと思います。

私は彼氏の実家で(特に彼の妹)スパルタ中国語教育を受けたので、これ欲しい、食べたい、トイレ行きたいとか、必要最低限のことは言えるようにはなりました。

英語を先に勉強していたためか、他言語習得への抵抗が少なく、幸いにも今のところは、英語ほど苦戦するこもなく楽しく勉強できています。

今も中国語は独学で勉強中です。来年はスパルタで有名な『国立台湾師範大学』へ3ヶ月留学しようと計画を立てています。

因みに台湾の大学に付属している語学学校は、3ヶ月を1学期としているところが多く、毎月クラスが開講されるわけではないようです。

渡航時期もしっかりと計画する必要がありそうです。

まだ他の語学学校と悩んでいて決めかねているので、しっかりと情報収集をしてから決めたいと思います。

【追記】

語学学校へ行きたかったんですが、ちょっと今年は無理そうなので、来年挑戦することにしました。今年は、彼に教えてもらいながら、独学で基礎構築に励みます。

今年した事その② 日本で働いてみた

-shared-img-thumb-CSS_csdesagyousurujyosei1292_TP_V

私がワーキングホリデー先のオーストラリアから最終帰国したのは去年(2014年)の11月です。

そこから国内旅行したり台湾に旅行したりとしばらく自由人をして(←働け)、今年(2015年)の1月20日から仕事を開始しました。

ただ、夏頃から台湾へ行く事を既に決めていたので、短期でも働ける派遣を仕事に選びました。

結果的に6月末までの約5ヶ月間働きました。久々の日本社会に怯えていたのですが、普通に働けました。

前の会社での実務経験が生かされて、最後は“姉さん”と慕ってもらえたことが何よりうれしかったです。

ただ、何ができる訳でもなく、普通にちゃんとした敬語が使え、端的なメールが打てる

そのくらいのスキルで重宝されて正直びっくりしました。

裏を返せば、離職が激しい会社ですと教育係りの方もまだまだ若く、しっかりとした教育を受ける間もなく教える側にまわってしまった・・・

という状態で、私くらいの年代の基礎知識というのはとても貴重なものなのかもしれないと感じました。

今からワーキングホリデーに行くか悩んでるあなた!大丈夫です!

仕事は絶対にあります。専門的な仕事をされてる方なら尚更です。

私はワーキングホリデーに行く前、帰って来た時に仕事がなかったらどうしよー!って不安で仕方ありませんでした。

けれど、今普通に生活しています。とっても充実しています。

ワーホリに行って仕事に対する価値観が変わり、仕事は自分の生活を豊かにするための生活の一部だと思うようになりました。

今年した事その③ 英語の勉強継続中

IMG_1555
超がつくほど飽き性な私が、「継続して何かをしている」ことが自分自身一番信じられないのですが、思いのほか楽しく継続できています。

私の英語力は中の中くらいだと思います。

1年半オーストラリア行っときながら、ペラペラじゃないの!?ってツッコまれることを恐れていますが、事実です。

これは留学経験のある方なら理解できるところだと思います。

留学したからといって残念ながら英語はペラペラにはなりません

本人の努力が必要なのだということを身を持って思い知りました。

よく英語学習はスポーツと一緒と言われますが、全くその通りです。

ペラペラになるにはひたすら口を動かし、しゃべる努力をしなくてはいけません。

ただ、日本教育を受けていると、 “間違い=悪” みたいな固定概念があるためか、最初は正しいと思う文ができた時しか口を開けませんでした。

そして、ほとんどの私のお友達は簡単な英語を口にできる程度で帰国していきました。

日本に帰っても継続して英語の勉強をしているお友達も、そう多くはいないのが現状です。

私は彼と英語で話す必要があるので、日々アウトプット(口から出す)し英語学習を継続できていますが、日々の勉強を怠るとすぐにスピーキングに現れます。

英語はすぐに話せるようになる訳ではなく、日々の積み重ねがほんとうに大切です。

ワーキングホリデーに行くことが決まっているのであれば、早くから勉強をスタートされることをオススメします。

5分でも10分でもいいので、英語に毎日ふれる。この継続がワーホリを有意義なものにすると言い切れます。

お恥ずかしながら私は、渡航前“I’m good” すら言えませんでした。(/ω\*)

もっと勉強してから行けば良かった~って心から後悔しました。

インプットがなければアウトプットできませんからね。

なにより、英語を話せるといろんな国の人と友達になれるので世界が広がりますし、とっても楽しいですよ!

継続して、言いたいことがスラスラと言えるようになるよう頑張ります~♪

まとめ

今年は中国語の勉強を新しく始め、英語を継続して勉強していた1年でした。

語学の勉強に時間を費やした1年だったと言えるのではないでしょうか。

ただ、まだまだ無力さを感じることも多く、落ち込むこともたくさんあります。

けれど諦めたくはないので、来年も引き続く継続していきます。

今よりもっともっと話せるように頑張ります!

スポンサーリンク

甘やかされるとダメになるタイプなので、本気でイイと思った時だけシェアしてね!

フォローは大歓迎♪

ちょっと早いですが2015年を振り返ってみました
この記事がお役に立ちましたら
いいねをお願いします。

最新情報をゲットできます♪